広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 70010027 科目区分 健康スポーツ科目
授業科目名 スポーツ実習A(テニス)
授業科目名
(フリガナ)
スポーツジツシユウA
英文授業科目名 Practicum in SportsA
担当教員名 関矢 寛史
担当教員名
(フリガナ)
セキヤ ヒロシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月1-4:詳細はもみじ教養HP参照(東広島開講)
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
テニスコートでの実習(雨天時は西体育館にてバドミントンなど)
ただし、初日(第1、2回)のみBb9を使ったガイダンスと基礎知識の習得を行う。 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 05 : スポーツ科学
対象学生 全学生
授業のキーワード テニス,スポーツ 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果教養教育の目的に,心身ともに豊かな人間性を涵養することがある。この授業は,現代スポーツの多様な価値を理解し,自己の特性や技能水準に合わせて生涯にわたってスポーツを楽しむ態度やマナー,協調性などの社会的スキルを養う科目である。

テニスのフォアハンド,バックハンド,サービスなどの基本的技術を習得し,生涯にわたりスポーツを楽しむ態度を養成し,身体運動を通して社会的スキルを身につける。
 
授業の目標・概要等 硬式テニスの基本的な技術,戦術,ルール,マナーを学び,人と協力してゲームを楽しむことを目的とする。
 
授業計画 第1回 Bb9にてオンデマンド型でガイダンス。翌週以降の授業における服装,更衣場所,集合場所,雨天時の集合場所,その他の注意事項などの説明を行う。
第2回 Bb9にてオンデマンド型で授業(テニスの基本的知識)
第3回 グランドストロークその1
第4回 グラウンドストロークその2
第5回 サーブその1
第6回 サーブその2
第7回 テニスのルールとマナーその1(理論と実習)
第8回 ボレー
第9回 スマッシュ
第10回 フォーメーション(理論と実習)
第11回 テニスのルールとマナーその2(理論と実習)
第12回 ルールとマナーの筆記試験
第13回 ゲーム(団体戦:試合の進め方に関する理論と実習)
第14回 ゲーム(トーナメント:試合の進め方に関する理論と実習)
第15回 ゲーム(リーグ戦:試合の進め方に関する理論と実習)

ルールとマナーに関する筆記試験を行う。

雨天時は西体育館にてバドミントンなどを行う。 
教科書・参考書等 ルールやマナーに関する資料をBb9に掲載する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料(Bb9に掲載) 
予習・復習への
アドバイス
第7回以降、試合のルールやマナーを覚えること。 
履修上の注意
受講条件等
人工芝テニスコートを傷めないシューズを用意すること。雨天時も運動ができる服装と室内用シューズを用意すること。 
成績評価の基準等 授業参加態度(80%),ルールやマナーに関する筆記テスト(20%)により評価する。欠席や遅刻は減点する。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ