広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 65290001 科目区分 領域科目
授業科目名 広島大学の歴史
授業科目名
(フリガナ)
ヒロシマダイガクノレキシ
英文授業科目名 History of Hiroshima University
担当教員名 石田 雅春,伊東 かおり
担当教員名
(フリガナ)
イシダ マサハル,イトウ カオリ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月5-8:総L102
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、野外実習 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 07 : 史学
対象学生  
授業のキーワード 広島大学、歴史、高等教育、自校史教育 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
広島大学の歴史を広い視野から分析することにより、広島大学の現状について理解を深める。あわせて、広島大学の構成員としてのアイデンティティー形成の一助とする。 
学習の成果 
授業の目標・概要等 広島大学の歴史を多角的に俯瞰することで、広島大学の現在と未来を考える視座を提供することを目標とする。本講義では、広島大学の創立前史から現在にいたるまでの通史を概説する。あわせて現状について考えるため、特定のテーマについて掘り下げて分析を行う。 
授業計画 第1回 歴史に学ぶ広島大学
第2回 新制広島大学の誕生
第3回 原爆と広島大学
第4回 広島大学とスポーツ
第5回 広島大学の理念と象徴
第6回 初代学長森戸辰男の横顔
第7回 学生紛争と統合移転
第8回 学生生活の今と昔
第9回 統合移転と地域社会
第10回 広島大学の卒業生たち
第11回 フィールド・ワーク
第12回 フィールド・ワーク
第13回 広島大学の現在―統合移転後のあゆみ—
第14回 広島大学における女性学生と女性研究者
第15回 広島文理科大学の研究と教育

レポート実施 
教科書・参考書等 広島大学文書館編『広島大学の五十年』(広島大学出版会、ISBN:978-4-903068-08-4) 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料のデータはもみじに掲載する。事前に必携 PC にデータをダウンロードするか、プリントアウトして各自持参すること。 
予習・復習への
アドバイス
各回の授業に先立ち、以下に示す広島大学文書館編『広島大学の五十年』の該当箇所を読んでおくことが望ましい。
第2回:『広島大学の五十年』1~28、55~78頁
第3回:『広島大学の五十年』28~54頁
第5回:『広島大学の五十年』124~126頁、419~420頁
第6回:『広島大学の五十年』78~86頁、137~162頁
第7回:『広島大学の五十年』174~209頁
第9回:『広島大学の五十年』223~305頁
第13回:『広島大学の五十年』465~480頁
 
履修上の注意
受講条件等
受講態度の悪い者や他の受講生に迷惑をかける者(私語、飲食等)は即時退席とする。遅刻に関しては30分以上の遅刻は欠席扱いとする。また欠席が1/3を超える者は成績評価の対象としない。 
成績評価の基準等 平常点(授業終了時に記入・提出するコメントシートの内容:60%程度)、レポートもしくは期末試験の成績点(40%程度)を総合して評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 【※平成25年度以前入学生が履修し,単位を修得した場合は総合科目への読替が行われます。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ