広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 65210001 科目区分 社会連携科目
授業科目名 ジェンダーと社会
授業科目名
(フリガナ)
ジェンダートシャカイ
英文授業科目名 Gender and Society
担当教員名 石田 洋子,大池 真知子,中島 健一郎,坂田 桐子,恒松 直美,横山 美栄子,北仲 千里
担当教員名
(フリガナ)
イシダ ヨウコ,オオイケ マチコ,ナカシマ ケンイチロウ,サカタ キリコ,ツネマツ ナオミ,ヨコヤマ ミエコ,キタナカ チサト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 水5-8:総L102
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
授業は5月13日から、オンライン授業(またはオンデマンド授業)で実施します。
講義が中心です。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 21 : 社会人基礎
学問分野(分科) 05 : ダイバーシティ
対象学生  
授業のキーワード 男女共同参画、ジェンダー、ライフイベント 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 現在の社会におけるジェンダーを巡る諸問題について理解し,なぜ男女共同参画が必要なのか,どうすれば男女共同参画社会が実現できるのかについて考える。男女共同参画の必要性を理解すると共に,男女共同参画推進のための各種制度に関する基本的な知識を習得し,現状の問題点について考えることができるようになることを目指す。 
授業計画 第1回 オリエンテーション(石田)(最初の10分)+「ジェンダー」とは何か:男らしさ・女らしさについて考える その1(北仲)
第2回 「ジェンダー」とは何か:男らしさ・女らしさについて考える その2(北仲)
第3回 「ジェンダー」とは何か:性別とは何か(北仲)
第4回 「ジェンダー」とは何か:ジェンダーは個人にいかに影響を及ぼすか-社会心理学の視点から(坂田)
第5回 ジェンダーと労働Ⅰ:労働分野で生起している問題について(平田)
第6回 ジェンダーと労働Ⅰ:男女共同参画推進のための制度(平田)
第7回 ジェンダーと結婚・家族:近代家族制度(横山)
第8回 ジェンダーと結婚・家族:家事労働の評価(横山)
第9回 ジェンダーと結婚・家族:結婚について考える(中島)
第10回 ジェンダーと学問・教育:学問におけるジェンダー視点の意義(大池)
第11回 ジェンダーと学問・教育:広島大学における男女共同参画の現状と取組(石田)
第12回 ジェンダーと国際社会:国際社会におけるジェンダー(恒松)
第13回 ジェンダーと国際社会:持続可能な開発目標におけるジェンダー(石田)
第14回 ジェンダーと労働Ⅱ:労働における対人関係上の問題(横山)
第15回 ジェンダーと労働Ⅱ:就職活動ハラスメント(横山、北仲)

毎回、指導教官が課題を出します。 
教科書・参考書等 授業中に指示します。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回~第4回 「ジェンダー」の概念を理解すること
第5回~第15回 労働、結婚・家族、学問・教育、国際社会のそれぞれにおいてジェンダーがどのように影響しているかを理解すること 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 毎回の課題(100%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 【受講希望者が定員を超過したときは受講者抽選を行う可能性があります。】石田先生は開発コンサルタントとして途上国の開発プロジェクトを25年行ってきた実務経験を活かして、男女共同参画や持続可能な開発目標におけるジェンダーに関する講義を行う。また、平田先生は弁護士であり、その実務経験を活かして男女共同参画に関する法制度等について講義を行う。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ