広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 63491001 科目区分 領域科目
授業科目名 生命・食・環境のサイエンス
授業科目名
(フリガナ)
セイメイ・ショク・カンキョウノサイエンス
英文授業科目名 Life, food, and environmental sciences
担当教員名 上田 晃弘,島本 整,松崎 芽衣,藤井 創太郎,小櫃 剛人,羽倉 義雄,浅川 学,吉田 将之,長沼 毅,斉藤 英俊,坂井 陽一,杉野 利久,鈴木 卓弥,加藤 亜記,冨永 るみ
担当教員名
(フリガナ)
ウエダ アキヒロ,シマモト タダシ,マツザキ メイ,フジイ ソウタロウ,オビツ タケト,ハグラ ヨシオ,アサカワ マナブ,ヨシダ マサユキ,ナガヌマ タケシ,サイトウ ヒデトシ,サカイ ヨウイチ,スギノ トシヒサ,スズキ タクヤ,カトウ アキ,トミナガ ルミ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 月5-8:総K107
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
オンライン授業(Bb9で実施) 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 生物生産学部以外の学部生
授業のキーワード SDG_1、SDG_2、SDG_3、SDG_9、SDG_12、SDG_13、SDG_14、SDG_15、生命科学・農業・漁業・畜産業、食料問題、資源動植物と食品のサイエンス、環境問題 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 現代の人類が抱えている食料・環境問題や資源動植物の生産と生態、食品科学や発酵に関わる微生物について学習する。15名の教員によるオムニバス形式で開講する。 
授業計画 第1回 作物生産をおびやかす環境問題(上田)
・本講義全体のイントロダクション
・世界の塩害土壌・干ばつ・浸透圧調節・耐塩性植物
第2回 飼料から畜産物への変換(小櫃)
・家畜生産・飼料・消化・代謝
第3回 魚の知恵と暮らし(坂井)
・リーフフィッシュ・生存戦略・繁殖戦略・エコツーリズム
第4回 深海における驚異の生物生産(長沼)
・海底火山・化学合成・共生・チューブワーム
第5回 生産を保つ体のしくみ(杉野)
・家畜生産・代謝調節・恒常性・流常性・ホルモン
第6回 食生活を脅かす海洋生物毒(浅川)
・有毒魚類・貝毒・海藻毒
第7回 カキ筏の生物群集(斉藤)
・マガキ養殖・付着生物・食害
第8回 土壌の役割と窒素およびリンの循環(冨永)
・土壌・機能・窒素・リン
第9回 食品の製造技術・管理手法(羽倉)
・単位操作・プロセスフロー・安全衛生管理・品質管理
第10回 乳酸菌とビフィズス菌のサイエンス(藤井)
・乳酸菌・ビフィズス菌・形態分類・発酵
第11回 海藻とはどんな生き物か?(加藤)
・増養殖・利用・保全
第12回 家畜の生殖学とバイオテクノロジー(松崎)
・動物の受精・生殖工学・動物細胞工学
第13回 サカナの行動と心理(吉田)
・脳・行動・心理・魚類
第14回 食べものによる病気の予防(鈴木)
・食品の生体調節機能・生活習慣病・食物繊維・特定保健用食品
第15回 食の安全(食品添加物と環境ホルモン)(島本)
・一日摂取許容量・ダイオキシン・性ホルモン

毎回異なる先生が講義を行い、各回ごとに課題レポート、もしくは小テストを行う。 
教科書・参考書等 テキストは、「生命・食・環境のサイエンス」(江坂宗春監修、共立出版、2011年、2600円+税)
生協を通して販売するので購入すること。
 
授業で使用する
メディア・機器等
上記教科書のほか、パワーポイントなど 
予習・復習への
アドバイス
第1回 
全体のイントロダクションを行うので、必ず出席すること。
テキスト(「生命・食・環境のサイエンス」、以下同様)のp.79-82を予習・復習すること。
第2回
テキストのp.55-58を予習・復習すること。
第3回 
テキストのp.133-136を予習・復習すること。
第4回 
テキストのp.117-120を予習・復習すること。
第5回
テキストのp.59-61を予習・復習すること。
第6回 
テキストのp.175-178を予習・復習すること。
第7回
テキストのp.121-124を予習・復習すること。
第8回 
テキストのp.87-90を予習・復習すること。
第9回 
テキストのp.189-191を予習・復習すること。
第10回 
テキストのp.165-167を予習・復習すること。
第11回 
テキストのp.151-153を予習・復習すること。
第12回
テキストのp.47-50を予習・復習すること。
第13回 
テキストのp.28-30を予習・復習すること。
第14回
テキストのp.161-164を予習・復習すること。
第15回 
テキストのp.172-174を予習・復習すること。
 
履修上の注意
受講条件等
第1回の講義で、講義全体のイントロダクションを行います。
毎回異なる先生が講義を行い、各回ごとに課題、もしくは小テストを行う予定です。
月曜日の5,6時限と7,8時限続けて行います。2時限(90分)で1回分です。
本講義は生物生産学部以外の学生を対象としたものです。生物生産学部の学生が履修することはできません。 
成績評価の基準等 期末試験は実施せず、講義ごとに毎回レポートを提出、もしくは小テストを行い、各回の評価を集計して成績評価とする。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 生物生産学がカバーする領域について、生物生産学部の教員が担当するオムニバス授業です。
生物とそれをとりまく環境や人間生活など、様々なことに興味をもつことを期待しています。 
その他 【受講希望者が定員を超過したときは受講者抽選を行う可能性があります。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ