広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 63350003 科目区分 基盤科目
授業科目名 種生物学(受講場所:東千田キャンパス)[1薬]
授業科目名
(フリガナ)
シユセイブツガク
英文授業科目名 Species Biology
担当教員名 山田 俊弘
担当教員名
(フリガナ)
ヤマダ トシヒロ
開講キャンパス 双方向 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木1-4:東千田A501講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
教科書をフル活用することで、対面講義をできるだけ避ける様にしたいと思っています。
遠隔講義を実施する予定です。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 03 : 基礎生物学
対象学生  
授業のキーワード 種の概念、進化、系統分類、生態学、保全生物学、繁殖 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果本講義を受講することで、以下の3つの習得を目指す。
(1)種の概念を持つ。
(2)種の生存のための適応についての知見を広める。
(3)生物の保全=種の保全という考え方ができるようになる。
(4)現在が大量絶滅時代であることを認識する。 
授業の目標・概要等 種にまつわる学問は、古くて新しい。種の概念は、古くはリンネの時代(博物学)から、ダーウィンの時代(進化学)を経て、現在、保全生物学へ受け継がれている。生物学において、過去から現在、そして今後も重要でありつづけるであろう”種”とはいったい何であるのだろうか?
 本講義の大きな目標は、生物学における種の概念を持ちえるようになることである。 
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 種は定義できるのか?
第3回 種概念とその変遷 (1)生物学における単位概念
第4回 種概念とその変遷 (2)古典的な種の概念
第5回 種概念とその変遷 (3)生物学的種の概念
第6回 種概念とその変遷 (4)生殖隔離とは
第7回 種概念とその変遷 (5)生物学的種の概念の問題点と矛盾
第8回 種概念とその変遷 (6)21世紀の種の概念;系統学的種の概念
第9回 種概念とその変遷 (7)6番目の大量絶滅
第10回 種概念とその変遷 (8)保全生物学からみた種の概念
第11回 学名とはなにか?
第12回 種分化 いかにして新種は形成されるのか?
第13回 繁殖
第14回 生物における性というシステム
第15回 無性生殖と有性生殖

レポートの詳細については講義の中で連絡する 
教科書・参考書等 講談社
絵でわかる 進化のしくみ
を必ず準備すること 予習、講義、復習で必須です。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
第1回  「絵でわかる 進化のしくみ」第II部を読み、種が定義可能かどうかについて予習する
第2回  「絵でわかる 進化のしくみ」17章を読み、未知の種がどれだけいるか予習する
第3回  「絵でわかる 進化のしくみ」11、12章を読み、古典的な種の概念とは何か予習する
第4回  「絵でわかる 進化のしくみ」13、14章を読み、生物学的な種の概念とは何か予習する
第5回  「絵でわかる 進化のしくみ」3章、14章を読み、ダーゥインの進化論を予習するとともに、生物学的種の概念の問題についても予習する
第6回     「絵でわかる 進化のしくみ」15章を読み、 系統学的種の概念を予習する
第7回  「絵でわかる 進化のしくみ」19章を読み、現在の大量絶滅について予習する
第8回  「絵でわかる 進化のしくみ」12章を読み、人の学名について調べておく
第9回  植物の繁殖について予習しておく
第10回  「絵でわかる 進化のしくみ」8章を読み、ゲーム理論について調べておく
第11-12回  なぜ性があるのか考えておく
第13-14回  「絵でわかる 進化のしくみ」16章を読み、多様性における平衡論と非平衡論について調べておく
第15回  「絵でわかる 進化のしくみ」15,18,19章を読み、種の寿命と現在の大量絶滅について予習する 
履修上の注意
受講条件等
初回までに講談社
絵でわかる 進化のしくみ
を必ず準備すること 
成績評価の基準等 出席状況(3回以上の欠席者は試験受験資格がなくなる)のうえ、試験により評価する。
出席状況については、実施形態に依存して、柔軟に対応します。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 特に無し 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ