広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 63300101 科目区分 領域科目
授業科目名 生物学入門
授業科目名
(フリガナ)
セイブツガクニュウモン
英文授業科目名 Introduction to Biology
担当教員名 山口 富美夫,荻野 肇,坂本 敦,今村 拓也,草場 信,千原 崇裕,高橋 治子,島田 裕士,高橋 陽介,菊池 裕,林 利憲,三浦 郁夫,鈴木 克周,守口 和基,坂本 尚昭,嶋村 正樹,深澤 壽太郎,山本 卓,植木 龍也
担当教員名
(フリガナ)
ヤマグチ トミオ,オギノ ハジメ,サカモト アツシ,イマムラ タクヤ,クサバ マコト,チハラ タカヒロ,タカハシ ハルコ,シマダ ヒロシ,タカハシ ヨウスケ,キクチ ユタカ,ハヤシ トシノリ,ミウラ イクオ,スズキ カツノリ,モリグチ カズキ,サカモト ナオアキ,シマムラ マサキ,フカザワ ジュタロウ,ヤマモト タカシ,ウエキ タツヤ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火9-10,木9-10:総K202
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 03 : 基礎生物学
対象学生 高校レベルの基礎生物学知識をもった学生、HUSA students
授業のキーワード "husa" 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 様々な生物学研究を行う講師陣が、それぞれの分野の基礎から最新の研究までを解説する。先端的な生物学研究にも触れながら、生物学に関する基礎知識を身につけることを目標とする。 
授業計画 第1回 Guidance. Bryophytes as primitive land plants: diversity and unique features (Prof. T. Yamaguchi)
第2回 Origin and early evolution of land plants (Assoc. Prof. M. Shimamura)
第3回 Genetics of Flower Development (Prof. M. Kusaba)
第4回 Photosynthesis (Assoc. Prof. H. Shimada)
第5回 Plant function, metabolism and biotechnology (Prof. A. Sakamoto)
第6回 Gene expression and signal transduction of plant (Prof. Y. Takahashi and Assis. Prof. J. Fukazawa)
第7回 Bacteria (Prof. K. Suzuki)
第8回 Trans-kingdom gene transfer phenomena (Assoc. Prof. K. Moriguchi)
第9回 Regulation of gene expression and genetic control of embryogenesis in marine invertebrates (Prof. T. Yamamoto and Assoc. Prof. N. Sakamoto)
第10回 Metal utilization in marine animals (Assoc. Prof. T. Ueki)
第11回 Neurobiology introduction (Prof. T. Chihara)
第12回 Genetic programming of body plan in vertebrates (Prof. Y. Kikuchi and Assist Prof. H. Takahashi)
第13回 Evolution of developmental genes for animal diversity (Prof. H. Ogino)
第14回 Introduction of regeneration biology in amphibians (Prof. T. Hayashi)
第15回 DNA music (Assoc. Prof. I. Miura) 
教科書・参考書等 それぞれの講義は、スライドや配付資料を用いて行う 
授業で使用する
メディア・機器等
配布資料・映像(PC) 
予習・復習への
アドバイス
各講義で提供される配付資料を用いてしっかり復習すること。レポートが課された場合は、配付資料、講義内で紹介される参考図書、講義中の説明などを参考とすること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各講義への参加態度(50%)およびレポートを含む定期試験(50%)により行う 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ