広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 63100401 科目区分 基盤科目
授業科目名 新入生のための物理学入門[1工特]
授業科目名
(フリガナ)
シンニユウセイノタメノブツリガクニユウモン
英文授業科目名 Introduction to Physics for First-Year Students
担当教員名 脇谷 伸,荒井 正純,木原 伸一
担当教員名
(フリガナ)
ワキタニ シン,アライ マサズミ,キハラ シンイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火1-2,木1-2:工105
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
WEB講義およびオンデマンド講義中心
理解できない点は担当教員に遠慮なくメールし問い合わせをすること。 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 06 : 物理学
対象学生 1年生 高校で物理を履修していない者
授業のキーワード 運動方程式、運動量,角運動量,エネルギー,円運動,単振動,衝突,万有引力,剛体,慣性の力,コリオリ力・遠心力 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
大学で物理学を学ぶための導入的科目である. 
学習の成果 
授業の目標・概要等 高校において物理学を履修しなかった学生が,大学で物理学を学ぶための基礎知識を習得する. 
授業計画 第1回 速度・加速度・軌道(担当:木原)
第2回 運動の法則,運動方程式(担当:木原)
第3回 運動の例(担当:木原)
第4回 運動量と力積(担当:木原)
第5回 角運動量と力のモーメント(担当:木原)
第6回 仕事とエネルギー(担当:木原)
第7回 円運動(担当:木原)
第8回 これまでのまとめと中間試験
第9回 単振動(担当:荒井)
第10回 2物体の衝突(担当:荒井)
第11回 万有引力のもとでの運動(担当:荒井)
第12回 剛体のつりあい(担当:荒井)
第13回 剛体の回転運動(担当:荒井)
第14回 相対運動と慣性の力(担当:荒井)
第15回 回転座標系とコリオリ力・遠心力(担当:荒井)

第8回に中間試験,第16回に期末試験を実施する. 
教科書・参考書等 テキストを配布する.教科書・参考書は必要ない. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト 
予習・復習への
アドバイス
第1回:速度・加速度の定義を理解する.これに関する問題を解く.
第2回:運動の3法則,運動方程式を理解する.運動方程式を立てる問題を解く.
第3回:加速度が一定の場合について,積分することで運動方程式を解く.
第4回:運動方程式から運動量方程式を導出する.運動量が保存する条件を理解する.運動量の保存を物体の分裂やロケットの運動に応用する.
第5回:運動方程式から角運動量方程式を導出する.角運動量が保存する条件を理解する.角運動量の保存を応用する.
第6回:運動方程式からエネルギー方程式を導出する.ポテンシャルエネルギーが存在する条件,力学的エネルギーが保存する条件を理解し,応用する.
第7回:等速円運動の運動方程式を導出する.等速円運動に関する問題を解く.
第9回:単振動の解を示す.振幅,角振動数,位相の用語を理解する.単振動の性質を理解する.
第10回:2物体の衝突において運動量が保存することを理解する.衝突に関する問題を解く.
第11回:万有引力のもとでの運動で角運動量が保存することを理解する.万有引力のポテンシャルエネルギーを求める.
第12回:剛体のつりあいの条件を理解する.つりあいの問題を解く.
第13回:剛体の回転運動の方程式,慣性モーメントについて理解する.例として,棒や円板の回転運動の問題を解く.
第14回:運動方程式を非慣性系で書き換える.非慣性系における物体の運動の問題を解く.
第15回:コリオリ力・遠心力を受ける運動の例としてフーコーの振り子について理解する. 
履修上の注意
受講条件等
この科目は高等学校で物理基礎または物理学あるいはそれに相当する科目を修得していない工学系の学生が対象です。
Myもみじからの学生による履修登録は不可としており,初回のガイダンスで受講者の確認をしたうえで,履修登録します。 
成績評価の基準等 中間試験50点,期末試験50点の合計100点で評価する. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ