広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 62055701 科目区分 領域科目
授業科目名 日本文化事情II[1総国]
授業科目名
(フリガナ)
ニホンブンカジジョウ2
英文授業科目名 Contemporary Issues of Japan II
担当教員名 河本 尚枝,山田 俊弘,山根 達郎,ヴィレヌーヴ 真澄美,GRAJDIAN MARIA MIHAELA
担当教員名
(フリガナ)
カワモト ナオエ,ヤマダ トシヒロ,ヤマネ タツオ,ヴィレヌーヴ マスミ,グラジディアン マリア ミハエラ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火1-2,金1-2:総K202
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、ディスカッション、グループワーク
▶All 15 classes will be conducted on Microsoft Teams and use Bb9 for
material provision and homework submission.
▶The first class is on June 16 (Tue).
▶The instructor will add students who have signed up the course to the
“Contemporary Issues of Japan II Team” as a member by the first day of
the course. For accessing the Team, see "Lesson 1" in the Class schedule. 
単位 2.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 14 : 文化論
対象学生  
授業のキーワード 日本、文化、社会
実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 This course aims students to learn Japanese culture and society from various viewpoints and to practice cultural competency (or the ability to understand, interact, and work well with people of different cultures). 
授業計画 Lesson1 (June 16, Tuesday)
9:15-10:15 Introduction to the course & [Textbook] Chapter 6
 Gender stratification and the family system (1)

For accessing the Team, copy & paste the link below on your search engine.
Link to "Contemporary Issues of Japan II" Team:
https://teams.microsoft.com/l/team/19%3a0bf7b5f8a8274e53a686d2715610bb52%40thread.tacv2/conversations?groupId=
99f414df-1059-4ba3-9604-3eadbae8adba&tenantId=c40454dd-b263-4926-868d-8e12640d3750
[Notice] In the first week of the 1st Term, internet access became unstable, and students had trouble accessing the Team
at the time the class starts. It seems that access concentration to the HU internet system is one of the causes. There might
occur a similar situation in the 2nd Term, too. To avoid this kind of trouble, making early access to the Team is suggested.

Lesson2 (June 19, Friday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 6
 Gender stratification and the family system (2)

Lesson3 (June 23, Tuesday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 7
 "Japaneseness", ethnicity, and minority groups (1)

Lesson4 (June 26, Friday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 7
 "Japaneseness", ethnicity, and minority groups (2)

Lesson5 (June 30, Tuesday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 8
 Collusion and competition in the establishment (1)

Lesson6 (July 3, Friday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 8
 Collusion and competition in the establishment (2)

Lesson7 (July 7, Tuesday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 9
 Popular culture and everyday life (1)

Lesson8 (July 10, Friday)
8:45-10:15 Academic Writing (1)
 (Professor YAMADA, Toshihiro and Professor VILLENEUVE, Masumi)

Lesson9 (July 17, Friday)
8:45-10:15 Academic Writing (2)
 (Professor YAMADA, Toshihiro and Professor VILLENEUVE, Masumi)

Lesson10 (July 21, Tuesday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 9
 Popular culture and everyday life (2)

Lesson11 (July 22, Wednesday) *Make-up day
8:45-10:15 Environment and Society in Japan
 (Professor YAMADA, Toshihiro)

Lesson12 (July 28, Tuesday)
8:45-10:15 Peace and Communication in Japan
 (Associate Professor YAMANE, Tatsuo)

Lesson13 (July 31, Friday)
8:45-10:15 Culture and Tourism in Japan
 (Associate Professor GRAJDIAN, Maria Mihaela)

Lesson14 (August 3, Tuesday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 10
 Civil society and friendly authoritarianism (1)

Lesson15 (August 7, Friday)
9:15-10:15 [Textbook] Chapter 10
 Civil society and friendly authoritarianism (1)


Term Paper
Details will be announced in the class.


Note: Schedule may be subject to change. 
教科書・参考書等 Yoshio Sugimoto, An Introduction to Japanese Society, Fourth Edition, Cambridge University Press, 2015
Textbook is available at Hiroshima University Co-op. You can also purchase e-book edition at Kindle store. 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,映像(PC/その他画像資料),Bb9,Microsoft Teams 
予習・復習への
アドバイス
Homework is assigned in every class. Doing homework is the key to success in this course. Students are expected to read the assigned pages, grasp the concept the author describes, and do tasks by the due date.
If your first language is not English, you may have to spend long hours doing homework. I hope you get used to studying in English soon.
 
履修上の注意
受講条件等
【担当教員からみなさんへ。履修登録前に理解しておいてほしいこと】
1.授業はすべて英語で行います
*授業の使用言語は英語です。授業中に日本語での補足説明等は一切ありません。日本語で作成した資料の配布もありません。授業で使用する教材、提示するパワーポイントの使用言語は英語です。学生も教員も授業内での議論や発表は英語で行います。期末レポートも英語で作成します。
*授業で使用する資料や教材は海外の大学で教科書として使用されている書籍です(外国人向けに語彙を限定して書かれたものではありません)。受講生は毎回20ページから30ページの英文を読み、課題をすることが求められます。

2.日本人と留学生の共修科目です。
*英語のネイティブスピーカーや準ネイティブスピーカーと議論できる英語力が求められます。

3.他の受講者に貢献することが求められます
*授業では、小グループでのディスカッションやグループワークを行います。あなたの発言で他の学生の思考に刺激を与え、議論や課題完成に貢献することが求められます。
*グループワークではそれぞれのメンバーがアイディアを出し合って課題に取り組みます。「発言すること」「アイディアを出すこと」「他の学生のアイディアにコメントすること」が強く推奨されます。
*グループワークでは各メンバーが準備してきた内容を基にして課題を完成させます。そのため、それぞれが積極的にグループワークに参加し、グループ内で決めた課題に責任を持って取り組み、結果を持ち寄ることが求められます。

4.この授業は「日本文化紹介」ではありません
*日本文化を理解し、他の国とどう違うのか、なぜそのような文化があるのか等、日本文化論を学びます。
*「日本人だから(あるいは、留学生だけど日本語学部出身だから)簡単に単位が取れる」わけではありません。
 
成績評価の基準等 Class participation 20%
Homework 30%
Term paper 50% 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
国内外の日本語学校および専門学校で教えた経験を踏まえ、日本中心主義に陥ることなく、日本の社会と文化を相対的に捉えることを目指して授業を行います。 
メッセージ 教科書から学ぶことは非常に重要です。それと同様に、経験(実例)から敷衍して全体を学ぶことも重要です。各国出身のクラスメートと話し合い、学びましょう。積極的に授業に参加する学生の履修を待っています。 
その他 受講希望者が50人を超える場合は抽選で受講者を決定します。その際、国際共創学科の学生が優先されます。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ