広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 61252001 科目区分 領域科目
授業科目名 英米文化事情概論III[2教英]
授業科目名
(フリガナ)
エイベイブンカジジョウガイロン3
英文授業科目名 Introduction to British and American Culture III
担当教員名 FRASER SIMON ALASDAIR
担当教員名
(フリガナ)
フレイザー サイモン アレスター
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木1-4:総K111
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、英会話、ディスカッション、学生の発表 
単位 1.0 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 14 : 文化論
対象学生  
授業のキーワード イギリス、アメリカ、文化、異文化コミュニケーション、ディスカッション 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 授業の目標・概要:この授業ではイギリス・アメリカ文化の様々な側面を深く掘り下げて考え、討論を行う。イギリス文化とアメリカ文化の類似点や異なる点を考察し、日本文化との比較も行う。様々なアクティビティを通して更なる英語力の向上を目指す。
 
授業計画 第1回 授業の紹介と概要
第2回 文化的ステレオタイプ: イギリス、アメリカ、日本の習慣や人のステレオタイプ(典型例)について考える

第3回 文化的ステレオタイプ (2回目)
第4回 イギリス事情: イギリスを構成する地域、人口、気候、観光地等について学ぶ

第5回 イギリス事情 (2回目)
第6回 イギリス文化: イギリス人の人物像を探り、社会階級、ライフスタイル、若者文化について考える

第7回 イギリス文化 (2回目)
第8回 第1回〜第7回までの復習: 小さなグループに分かれてのプレゼンテーション; 復習テスト実施

第9回 習慣と伝統: イギリス、アメリカ、日本における特別な日、祭り、伝統について学ぶ

第10回 習慣と伝統 (2回目)
第11回 英語の多様性: イギリス英語とアメリカ英語の違い
第12回 英語の多様性 (2回目)
第13回 自身の文化: 自分の国や文化の様々な側面を考察する
第14回 自身の文化 (2回目)
第15回  第9回〜第14回までの復習: 小さなグループに分かれてのプレゼンテーション


定期的な課題の提出及び期末試験とレポートの提出。

シラバスの内容変更あり。 
教科書・参考書等 最初の授業で教科書や主な参考書に関する説明を行う; その他必要に応じて資料の配布。
 
授業で使用する
メディア・機器等
必要に応じてDVD他のメディアを使用。 
予習・復習への
アドバイス
毎回授業の予習・復習を期待する。 
履修上の注意
受講条件等
TOEIC600点前後を取得した学生を対象としており、30人程度のクラスを予定している。授業では教科書、新聞・雑誌の記事やインンターネットやテレビから収集した資料及びDVDを使用する。
 
成績評価の基準等 授業への出席、課題の提出と期末試験及びレポートの提出等での総合評価。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ この授業で最も重要視している点は、英語や英語圏の文化に興味を持っており、会話に加わる意欲を有していること。
 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ