広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 61042101 科目区分 領域科目
授業科目名 南アジア宗教論[旧パッケージ]
授業科目名
(フリガナ)
ミナミアジアシュウキョウロン
英文授業科目名 The Religions of South Asia
担当教員名 杉木 恒彦
担当教員名
(フリガナ)
スギキ ツネヒコ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 木5-8:総K107
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心, 質疑応答,Bb9を活用したオンライン授業 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 03 : 宗教学
対象学生 全学部生
授業のキーワード ヒンドゥー教、仏教、宗教、インド、南アジア、 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
前近代インドのヒンドゥー教と仏教の思想・文化に関する知識と理解を得る。
【※この授業は,2018年度以降入学生が履修し,単位を修得した場合は「領域科目」となりますが,2017年度以前入学生の場合は「パッケージ別科目」となります。2017年度以前入学生は,「領域科目」としては履修できませんのでご注意ください。】 
学習の成果前近代インドのヒンドゥー教と仏教の思想・文化に関する知識と理解を得る。 
授業の目標・概要等 主に古代期インドのヒンドゥー教(バラモン教、ヴィシュヌ教、シヴァ教)と仏教の宗教的・道徳的・法的側面の展開を、インドにおけるサンスクリット文明の形成という観点から学ぶ。図像資料(静止画・動画)を多用しつつ、現代のヒンドゥー教・仏教の様子も扱える範囲で触れていく。 
授業計画 第1回【ヒンドゥー教】ヒンドゥー教ガイダンス:歴史と神々
第2回【仏教】仏教ガイダンス:歴史と仏陀
第3回【ヒンドゥー教】輪廻と解脱(1):古典が説く死生観
第4回【ヒンドゥー教】輪廻と解脱(2):現代の聖地ヴァーラーナシーに見る死生観
第5回【ヒンドゥー教】ダルマ:法典が説く規範と社会構成、ならびに英雄物語『ラーマーヤナ』の解釈
第6回【ヒンドゥー教】アルタ(実利)とカーマ(愛欲)
第7回【ヒンドゥー教】『バガヴァド・ギーター』の救済論、クリシュナの神話
第8回【ヒンドゥー教】シャークタ(女神と力の崇拝)とタントラ
第9回【ヒンドゥー教】ヨーガとその世界観・人間観
第10回【仏教】ブッダ(仏):仏陀の前世の物語(ジャータカ)
第11回【仏教】ダンマ(ダルマ:法):初期の仏教の教え
第12回【仏教】サンガ(僧):律典が説く規範と社会構成
第13回【仏教】大乗仏教:空と慈悲と菩薩
第14回【仏教】大乗仏教:唯識と如来蔵
第15回【仏教】仏教の拡大とアショーカ王のイデオロギー

最終レポートの提出が求められる。

状況に応じてシラバス構成に若干の変更が生じることがある。 
教科書・参考書等 テキストは使用しない。毎回、資料を配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,PC, DVD 
予習・復習への
アドバイス
第1~2回「ヒンドゥー教」と「仏教」という枠組みについて理解する。
第3回~9回 ヒンドゥー教の諸側面(宗教的・道徳的・法的側面)について理解する。
第10回~15回 仏教の諸側面(宗教的・道徳的・法的側面)について理解する。
 
履修上の注意
受講条件等
インドの宗教・文化に関心があることを受講条件とする。 
成績評価の基準等 平常点(30%)とレポート(70%)で総合評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 授業への積極的な取り組みを期待する。 
その他 【※この授業は,2018年度以降入学生が履修し,単位を修得した場合は「領域科目」となりますが,2017年度以前入学生の場合は「パッケージ別科目」となります。2017年度以前入学生は,「領域科目」としては履修できませんのでご注意ください。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ