広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 58002001 科目区分 基盤科目
授業科目名 自然科学基礎実験法・同実験B
授業科目名
(フリガナ)
シゼンカガクキソジッケンホウ・ドウジツケンB
英文授業科目名 Experimental Methods and Laboratory Work in Science B
担当教員名 田中 晋平,岩本 洋子,根平 達夫,ヴィレヌーヴ 真澄美
担当教員名
(フリガナ)
タナカ シンペイ,イワモト ヨウコ,ネヒラ タツオ,ヴィレヌーヴ マスミ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金5-8:詳細はもみじ教養HP参照(東広島開講)
授業の方法 講義・実験 授業の方法
【詳細情報】
実験、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 06 : 物理学
対象学生  
授業のキーワード 物理学基礎実験、化学基礎実験 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 物理学、化学を学ぶ上で基礎となる実験技術を習得する。 
授業計画 第1回 物理学実験ガイダンス(総合科学部H108号室)および物理学実験(1回目)
水の表面張力

第2回 物理学実験(2回目)
RC共振回路

第3回 物理学実験(3回目)
電子の比電荷

第4回 物理学実験(4回目)
固体の比熱

第5回 化学実験ガイダンス(総合科学部H301号室)および化学実験(1回目)
酸塩基滴定1

第6回 化学実験(2回目)
酸塩基滴定2
第7回 化学実験(3回目)
有機合成1

第8回 化学実験(4回目)
有機合成2


各実験に対してレポートを提出する。 
教科書・参考書等 配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
実験内容を十分予習し、実験ノートに実施要綱・手順を書いてくること。 
履修上の注意
受講条件等
初回にガイダンスを行うので、物理学実験室(総合科学部H108号室)に集合すること。各回の授業場所はガイダンスで指示する。
毎回実験ノートを持参すること。実験ノートはA4またはB5サイズの大学ノートで良い。ルーズリーフは不可。 
成績評価の基準等 出席およびレポートによって評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ