広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 55013001 科目区分 領域科目
授業科目名 環境観と環境問題[旧パッケージ]
授業科目名
(フリガナ)
カンキョウカントカンキョウモンダイ
英文授業科目名 Nature-views and environmental issues
担当教員名 淺野 敏久
担当教員名
(フリガナ)
アサノ トシヒサ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月1-4:オンライン
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用
(変更)Bb9とTeamsを利用したオンラインでの双方向授業を行います。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 12 : 地理学
対象学生
授業のキーワード 人間,文化,価値観,環境と市民,環境をめぐる政治と経済,時間スケールと空間スケール 
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
環境・自然との共生に関する問題に,人文・社会科学的な視点からアプローチする。特に,環境問題が文化や価値観に関わる問題であることを強調し,現代の環境問題を考える上で留意すべき,環境観について概観する。
【※この授業は,2018年度以降入学生が履修し,単位を修得した場合は「領域科目」となりますが,2017年度以前入学生の場合は「パッケージ別科目」となります。2017年度以前入学生は,「領域科目」としては履修できませんのでご注意ください。】 
学習の成果人と自然の関係や環境問題についてその概念や諸論,現在の問題点等を紹介することで,受講者が今後,自然との共生をいう現代的課題を考える上での,ひとつの見方を身につけてもらえればと思っている。 
授業の目標・概要等 古典的な環境論である環境決定論を紹介しつつ,それが19世紀から20世紀初めにかけて,盛んに取り上げられた背景と,その思想の功罪にふれる。さらに20世紀以降,決定論が徹底的に批判される一方,いかなる環境観(たとえば生態学的な環境観)が示され,常識化していったのかを説明する。さらに講義の後半では,「コモンズの悲劇」を切り口として,人間環境会議や地球サミットなど,地球環境問題への国際的な取り組みや,各国・地域の事情や相互の利害関係を紹介し,これらの議論や出来事の中から読み取れる現代の環境観を考える。 
授業計画 第1回:はじめに(自己紹介,講義の全体概要および注意事項)
第2回:環境論(自然環境決定論とそれへの批判)
第3回:環境論(決定論と可能論)
第4回:環境論(決定論批判から生態学的環境論)
第5回:和辻哲郎の風土論
第6回:風土論の挫折と再生
第7回:「地球環境問題」という問題
第8回:コモンズの悲劇
第9回:国連人間環境会議
第10回:地球サミット
第11回:温暖化と気候変動枠組み条約
第12回:温暖化と気候変動枠組み条約(2)
第13回:生物多様性の保全(1)
第14回:生物多様性の保全(2)
第15回:14回目までの講義の予備(各回時間内に終わらないので後に押した分を補うための時間)

期末試験を行う
(変更)期末試験ではなくレポートとします。 
教科書・参考書等 参考書:淺野敏久他編(2000):異文化・IBUNKA,培風館
    安田喜憲(1992):日本文化の風土,朝倉書店。その他,適宜指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
第1回:配布した全体講義概要に目を通す。
第2回:講義中に紹介した人物などについて調べてみる。
第3-4回:決定論,可能論等を解説した文章を読んでみる(参考文献は講義時に紹介)
第5回:配布した資料を読む(和辻哲郎「風土」の抜粋)
第6回:第2-6回までの講義内容をまとめておく。
第7回:インターネットなどで地球環境問題に関する情報を調べてみる(国際機関の取り組みの現状など)
第8回:地球環境問題に関連して,コモンズの悲劇的な状況と思われるものを考えてみる。
第9回:環境倫理に関係する文献を探して,いつくか読んでみる(いくつかの考え方について調べてみる)。
第10回:講義中に示したキーワードについて調べてみる。
第11-12回:配付した新聞記事資料を読んで課題を行う。
第13-14回:生物多様性条約に関する論点をWEB等で調べる。
第15回:10-14回の講義内容を整理する。 
履修上の注意
受講条件等
特になし。 
成績評価の基準等 期末試験を70%,毎回の小テスト30%とします。
(変更)毎回の課題を50%,期末レポートを50%とします。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 【※この授業は,2018年度以降入学生が履修し,単位を修得した場合は「領域科目」となりますが,2017年度以前入学生の場合は「パッケージ別科目」となります。2017年度以前入学生は,「領域科目」としては履修できませんのでご注意ください。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ