広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 23141003 科目区分 外国語科目
授業科目名 ベーシック・フランス語IV
授業科目名
(フリガナ)
ベーシツク・フランスゴ4
英文授業科目名 Basic French IV
担当教員名 井口 容子,SANTONI JEAN GABRIEL
担当教員名
(フリガナ)
イグチ ヨウコ,サントニ ジャン ガブリエル
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火5-6,木5-6:オンライン
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心の講義であるが、学生に発表を求めることがある。 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 04 : フランス語圏
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 ベーシック・フランス語IIIに引き続き、二人の教員による連動した週2回の授業からなり、文法、基本語彙、表現を学び、最終的にはフランス語の初級レベルの最終単元である接続法まで学習することをめざす。 
授業計画 第1,2回 強調構文
第3,4回 話法
第5,6回 条件法現在形と過去形
第7,8回 現在分詞とジェロンディフ
第9,10回 比較級と最上級
第11,12回 接続法現在形と過去形
第13,14回 受動態
第15回 総復習


なお、この文法事項の学習順序は使用教科書によって若干異なる場合があり、学習者の理
解度に応じて学習進度を修正することもある。 
教科書・参考書等 テキストはベーシック・フランス語IIIと同じものを引き続き使用する。
 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト、辞書、音源としてCDあるいはDVD。 
予習・復習への
アドバイス
その回で学習した内容を復習するか次回の内容を予習する。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 定期試験及び小テスト等で80%(程度)と平常点20%(程度)により行う。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 【※2018年度以前入学生が履修し,単位を修得した場合は科目名が「ベーシック・フランス語II」に読み替わります。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ