広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教養教育
講義コード 22832001 科目区分 外国語科目
授業科目名 ベーシック・ドイツ語II
授業科目名
(フリガナ)
ベーシツク・ドイツゴ2
英文授業科目名 Basic German II
担当教員名 古川 昌文
担当教員名
(フリガナ)
フルカワ マサフミ
開講キャンパス 東千田 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木13-14:東千田A304講義室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
 
演習中心
授業開始日:4月16日
使用するツール:Bb9, Teams
具体的な実施方法は「もみじ」の授業掲示でお知らせします 
単位 1.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 22 : 語学教育
学問分野(分科) 03 : ドイツ語圏
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
教養教育での
この授業の位置づけ
 
学習の成果 
授業の目標・概要等 週2回の授業で、ドイツ語の基礎的な語彙・表現、文法を学び、ドイツ語による初歩的なコミュニケーション能力を習得するためのトレーニングを行います。第2・第3・第4タームにそれぞれ開設されるベーシック・ドイツ語 II /III / IV とあわせて、1年間の間に、ドイツ語の文法・語彙ならびに表現・読解の基礎を総合的に習得することを目指します。 
授業計画 この授業では、文法項目に即した易しいテキストの講読やCD等による聞き取りあるいは表現練習等を適宜行い、バランスのとれたドイツ語の基礎を身につけていきます。以下の内容は、ベーシック・ドイツ語 I の授業で扱われる平均的な文法項目の概略であり、学習順序や項目は教科書によって異なります。具体的な内容に関しては、各教員による初回の授業でのガイダンスを参考にしてください。

第1週 命令形、動詞werden
第2週 人称代名詞
第3週 前置詞1
第4週 前置詞2
第5週 定冠詞類、不定冠詞類1
第6週 定冠詞類、不定冠詞類2
第7週 否定表
第8週 第2タームの学習事項のまとめと試験


ターム末に試験を行う。 
教科書・参考書等 荻野蔵平/Tobias Bauer:大学生のドイツ語教本「青春はうるわし」(朝日出版社) 
授業で使用する
メディア・機器等
 
【詳細情報】 テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
授業で取り入れる
学習手法
 
予習・復習への
アドバイス
毎回復習し、特に発音に注意すると、学習項目がより早く定着します。宿題等が出された場合は提出期限を守るようにしてください。例年、欠席や遅刻をせず、期日を守って宿題等を提出している人は学習効果が高く、よい成績で及第しています。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席と授業への積極的参加の度合い(宿題の提出や小テストなどを含む):70%程度
試験:30%程度 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 12月には、独検4級試験( 毎年12月第1日曜日に実施)やスタートドイツ語1(2月中旬)などの社会的にも定評のある検定試験が、広島大学で行われます。授業にきちんと出て普通に勉強すれば充分受かるレベルですから、そうしたものにも、チャレンジしてみましょう。 
その他 http://lang.hiroshima-u.ac.jp/dgsg/
http://lang.hiroshima-u.ac.jp/dgsgs/
http://lang.hiroshima-u.ac.jp/ttn/main
http://vu.flare.hiroshima-u.ac.jp/german/hatsuon/top.htm
【※2018年度以前入学生が履修し,単位を修得した場合は科目名が「ベーシックドイツ語I」に読み替わります。】 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ