広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 特別支援教育特別専攻科
講義コード YU20050 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 視覚障害診断・評価法
授業科目名
(フリガナ)
シカクショウガイシンダン・ヒョウカホウ
英文授業科目名 Further Study in Testing and Assessment of Children with Visual Impairments
担当教員名 氏間 和仁
担当教員名
(フリガナ)
ウジマ カズヒト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 火1-4:教C727
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 特別支援教育特別専攻科特別支援教育コーディネーターコースの学生
授業のキーワード 視覚障害,教育的視機能検査, SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  視覚障害児に対する教育的視機能検査法を専門的に習得するとともに,視覚障害幼児・児童用の各種心理検査に習熟し,あわせて検査結果に基づく個別の指導計画立案のプロセスについて言及する。
 大学院レベルの授業。学部で視覚障害教育に関する,光学,心理学,病理学,検査法を学んだ者を対象としている。 
授業計画 1 弱視教育に必要な光学の基礎
2 弱視教育に必要な視覚情報処理系の構造
3 弱視教育に必要な視機能
4 教育的視力測定「遠見視力」
5 教育的視力測定「近見視力・最小可読視標」
6 精神物理測定法による読書文字サイズ評価(1)MNREAD-Jの概要
7 精神物理測定法による読書文字サイズ評価(2)MNREAD-Jの実施
8 精神物理測定法による読書文字サイズ評価(3)MNREAD-Jの解釈
9 教育的視機能評価の処理法
10 教育視機能評価と拡大法
11 眼球運動の評価
12 教育的視機能評価のレポート作成
13 教育的視機能評価の演習「測定」
14 教育的視機能評価の演習「レポート作成」
15 まとめ

試験を実施する。

特別専攻科専修免許課程(修士レベル)の授業であるため,視覚生理・病理・光学の学部レベルの内容を修得していることを前提に授業を行う。 
教科書・参考書等 講義形式:講義中心,一部実習を含む
テキスト:その都度指定する 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
毎回の資料を必ず復習しておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
特別専攻科専修免許課程(修士レベル)の授業であるため,視覚生理・病理・光学の学部レベルの内容を修得していることを前提に授業を行う。事前課題を課すので,求められている条件を確認して欲しい。 
成績評価の基準等 平常点,およびレポートまたは試験による
 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
盲学校で12年勤務した教員(氏間)が,その経験を生かして,視覚障害のある児童生徒の心理,評価,指導法について指導する。 
メッセージ 主体的に授業に参加し,出きる限り疑問を残さぬように,質問の時間を有効に利用するとともに積極的に復習することを期待しています。
「もみじ」にて連絡,資料配布を行うので,確実に「もみじ」を確認してください。 
その他  
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ