広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 特別支援教育特別専攻科
講義コード YT20050 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 教育実習
授業科目名
(フリガナ)
キョウイクジッシュウ
英文授業科目名 Teaching Practice in Special Support Schools
担当教員名 若松 昭彦,川合 紀宗,氏間 和仁,谷本 忠明,竹林地 毅,林田 真志,船橋 篤彦,森 まゆ,村上 理絵
担当教員名
(フリガナ)
ワカマツ アキヒコ,カワイ ノリムネ,ウジマ カズヒト,タニモト タダアキ,チクリンジ タケシ,ハヤシダ マサシ,フナバシ アツヒコ,モリ マユ,ムラカミ リエ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
教育実習 
単位 3.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 特別支援教育特別専攻科知的障害教育領域コースの学生
授業のキーワード 特別支援学校,教育実習,SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 特別支援学校教諭の免許状を取得する学生を対象とした教育実習である。特別支援学校における授業の指導計画,教材・教具,指導方法の工夫などを通して,特別支援校教員としての資質や技能を習得し,また幼児・児童・生徒との関わりをとおして,障害のある幼児児童生徒についての理解を深めることを目的とする。 
授業計画 ガイダンス:教育実習にむけたスケジュール等の確認
事前指導:教育実習の意義・目的の確認,目標の設定 ,関係文書の作成方法,生活習慣の見直し,体調の維持・管理に関 する事項
事前指導:SNS等の利用に関する事項の確認
事前指導:授業研究の精度の向上(研究協議の柱の事前検討・共有等)
事前指導:社会人としてのマナー・常識の確認(外部講師)
事前指導:服務や勤務に関する事項の確認,報告・連絡・相談の意義と方法
訪問指導:配属校での打ち合わせ
配属校における服務規律や勤務形態の確認
幼児児童生徒の実態把握
担当授業の指導計画の作成
授業の担当
実習記録の作成と提出
研究授業の実施と研究協議
実習記録の整理とまとめ
事後指導:実習内容のふりかえりと報告,後輩への助言 
教科書・参考書等 学習指導要領 
授業で使用する
メディア・機器等
各実習校において使用するものに従う。 
予習・復習への
アドバイス
実習校から具体的な指示がある。 
履修上の注意
受講条件等
説明会(ガイダンス)の内容や掲示をしっかり理解するよう努めること。免許法に定められた教育実習であり,幼児児童生徒にとって「先生」であることを意識して行動すること。知的障害・肢体不自由・病弱教育領域に関する教育実習は,広島大学附属東雲小・中学校および県立(市立)特別支援学
校で行う。なお,夏期休業中の事前説明会や事前指導に無断欠席した場合には即実習停止もありえる。掲示物を定期的に確認すること。 
成績評価の基準等 学習指導の準備,学習指導能力,生活指導,研究態度,および出席状況などを総合して評価を行う。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
特別支援学校や小学校特別支援学級、教育センター、教育委員会、研究所での実践や教育研究、教育行政の実務経験に基づき、実際的・実践的な知識や組織的な活動に関する思考・判断の実例を紹介する(竹林地)。米国の公立学校や大学に勤務し、言語障害臨床を行った経験のある者(川合)が,実務経験にもとづく具体例を紹介し、実践的な学びになるように指導している。盲学校で12年勤務した教員(氏間)がその経験に基づき,視覚障害のある児童生徒および特別支援教育での支援技術を活用した実践に関する講義を行う。
 
メッセージ  
その他 各種教育実習の日程や説明等については,全て「掲示板」及び「Myもみじ」により行うので,よく確認しておくこと(広大メールアドレスによる掲示は行わない)。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ