広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 情報メディア教育研究センター
講義コード 82020001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 プログラミング基礎
授業科目名
(フリガナ)
プログラミングキソ
英文授業科目名 Introduction to Computer Programming
担当教員名 西村 浩二
担当教員名
(フリガナ)
ニシムラ コウジ
開講キャンパス 東広島 開設期 4年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月5-8:メディアセンター本館小会議室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 02 : 情報科学
対象学生 情報メディア教育特定プログラム「コンピュータサイエンス・コース」に登録している学生
授業のキーワード プログラミング言語、コンパイル、ネットワークプログラミング、プロトコル、サーバ・クライアントモデル 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
オペレーティングシステムもアプリケーションもすべてプログラムから成っている。プログラミングの理解を通して、コンピュータやネットワーク通信の仕組みを理解し、情報メディアに対する深い理解の基礎を習得する。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 プログラミングの意味と構造を学び、C言語による基本的なプログラミング技術を身に付ける。 
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 プログラミング言語
第3回 簡単なプログラミングとデバッグ
第4回 基本データ型、定数、変数、配列
第5回 入出力
第6回 条件分岐
第7回 繰り返し
第8回 関数1
第9回 関数2
第10回 ポインタ1
第11回 ポインタ2
第12回 構造体
第13回 ネットワークプログラミング1
第14回 ネットワークプログラミング2
第15回 ネットワークプログラミング3

各回の内容に応じた課題またはレポートを課すことがある。

各回の内容は授業の進捗状況によって変更することがある。 
教科書・参考書等 講義において必要最小限の資料を提供する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
テキストは指定しないが、C言語の解説書を準備することを薦める。 
履修上の注意
受講条件等
本講義は情報メディア教育特定プログラム「コンピュータサイエンス・コース」に登録している学生を対象としたものであるが、プログラミングに興味のある学生の受講も認める。 
成績評価の基準等 平常点および課題、レポートの提出状況により判定する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
航空系システム企業におけるソフトウェア開発経験および情報処理安全確保支援士の資格を有する情報セキュリティ技術者としての実務経験に基づいて、安全なプログラミング開発技法の授業を行う。 
メッセージ  
その他 使用言語(日本語、英語またはそれらの併用)については、第1回の授業において受講学生の使用言語を考慮して決定する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ