広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 生物圏科学研究科博士課程前期
講義コード W8611021 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 土壌環境評価論
授業科目名
(フリガナ)
ドジョウカンキョウヒョウカロン
英文授業科目名 Evaluation of soil environment
担当教員名 長岡 俊徳
担当教員名
(フリガナ)
ナガオカ トシノリ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 集中
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、プリント、液晶プロジェクターなどを適宜使用、学生の発表、ディスカッション 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 博士課程前期
授業のキーワード SDG_2,SDG_3,SDG_12,SDG_13,SDG_15,土壌,土壌汚染,重金属,農薬,土壌病害,土壌微生物 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 土壌は農業の生産基盤であると同時に、陸上生態系において種々の機能を担っている貴重な資源である。しかし、人間活動の増大は土壌環境やその機能にも影響を及ぼしている。従って、土壌を十分理解した上で有効利用し、土壌環境を適切に評価・保全することが必要である。本講義では、土壌環境評価の目的・意義について、土壌汚染、農薬の動態、土壌病害などの人間活動がもたらした影響と関連させて解説し、さらには物質循環の要である土壌微生物の役割と評価方法について理解することにより、土壌環境を適切に評価・管理するために必要な専門的知識を得る。終盤には、学生自身が関連の文献を調査・精読し、その成果を発表およびディスカッションすることによってさらに理解を深める。 
授業計画 1. 土壌環境評価の意義
2. 土壌汚染
3. 土壌中での農薬の動態
4. 土壌病害と病原体
5. 土壌病原菌の生態と防除方法
6. 受講生の発表とディスカッション
7. 受講生の発表とディスカッション
8. 受講生の発表とディスカッション 
教科書・参考書等 教科書は特に指定しない。講義にはプリント、液晶プロジェクターなどを適宜使用する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料、液晶プロジェクターなどを適宜使用 
予習・復習への
アドバイス
学生の発表やディスカッションなどを行うので、関連の文献・論文などを調査・精読しておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 レポート50%,発表プレゼンテーション25%,質問、討論への参加25%による総合評価 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ