広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 生物圏科学研究科博士課程前期
講義コード W8323000 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 環境評価論実習
授業科目名
(フリガナ)
カンキョウヒョウカロンジッシュウ
英文授業科目名 Practice in Assessment of Environmental Dynamics
担当教員名 長岡 俊徳
担当教員名
(フリガナ)
ナガオカ トシノリ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 03 : 自然環境
対象学生 大学院博士課程前期
授業のキーワード SDG_3,SDG_12,SDG_13,SDG_14,SDG_15,環境評価,汚染,陸域,河川域,河口域,海域 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 陸域環境と水域環境の診断・評価および陸域-水域を通した環境影響物質の物質循環に
ついて解析することを目標として、
1)水域環境の評価
  環境変動の激しい河口域、沿岸域などにおいて、物理・化学的環境要因の測定や
  プランクトンを中心とする水生生物の採集を行い、データの解析やサンプルの観
  察、計 数、分析により、水域環境を診断・評価するための実習を行う。
2)陸域環境の評価
  広島大学周辺の耕地,草地,林地など土地利用形態の異なる地点において,土壌,
  壌微生物,植物などを調査・観測し,土壌植物生態系を中心にした陸域環境を診
  断・ 評価するための実習を行なう。 
授業計画 1.ガイダンス:目的と【オムニバス方式】による実施方法の説明

2.水域(河口域、沿岸域等)の調査、試料採集
  水域生態系におけるプランクトン等、生物の生理・群集構造などの特性把握、
  N, P等環境影響物質の測定、データの解析
3.陸域(林地・草地等)の調査、試料採集
  陸域生態系における植物・土壌・微生物の生理・群集構造などの特性把握、
  N, P等環境影響物質の測定、データの解析
4.陸域-水域を通した環境影響物質の動態把握と物質循環の解析 
教科書・参考書等 特に指定しない 
授業で使用する
メディア・機器等
プロジェクター 
予習・復習への
アドバイス
特になし 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席、結果のプレゼンテーション、レポート内容に基づき総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ