広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 生物圏科学研究科博士課程前期
講義コード W7510013 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 遺伝子機能構造学概論
授業科目名
(フリガナ)
イデンシキノウコウゾウガクガイロン
英文授業科目名 General molecular genetics
担当教員名 清水 典明
担当教員名
(フリガナ)
シミズ ノリアキ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金3-4
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義と議論 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 04 : 生命科学
対象学生 博士前期課程学生
授業のキーワード ゲノム、染色体、細胞周期、細胞がん化、老化 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 あらゆる生命科学分野の基礎となっている細胞機能、その中でも根幹にあるゲノムの構造と機能に関する理解は、近年爆発的な進展を遂げ、現在なおその勢いは活発化し続けている。理解すべき重要な情報が日毎に蓄積し、それを全体の中で整理し、使える知識にする必要がある。本講義の目標と方法は、このような基本的な学問分野について、討論しながら整理し、現時点での到達点を明確にするために、主として直近5年以内の論文や解説記事を読んで考える。 
授業計画 1. 細胞の増殖と死・・・世界の研究の動き
2. がん・細胞がん化の機構(1)・・・世界の研究の動き
3. がん・細胞がん化の機構(2)・・・世界の研究の動き
4. がん・がん化と治療・・・世界の研究の動き
5. 老化と代謝(1)・・・世界の研究の動き
6. 老化と代謝(2)・・・世界の研究の動き
7. 全体を考える

以上の項目について、現時点での理解を整理する、その上で、直近5年以内に、この分野で発表された注目すべき論文や解説記事を読み、さらに解説して考え、議論する。 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;・学生の発表・講義のレジュメ有)
スライド・パワーポイント等)
配布プリント、液晶プロジェクター、ビデオ等を使用しながらの講義(1/3)
当該分野の最新の英文総説輪読(1/3)
および、討論(1/3)
直近5年以内に、この分野で発表された注目すべき論文や解説記事・等
参考書;Molecular Biology of the Cell, 5th Ed., (Garland Science)
The Biology of Cancer (Garland Science) 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
必要に応じて指示する 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等  出席50%、レポート20%、討論30% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ この講義は,希望があれば英語で行います。 
その他 http://home.hiroshima-u.ac.jp/shimizu/index.html

 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ