広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 理学研究科博士課程前期
講義コード Q3036102 科目区分  
授業科目名 反応有機化学セミナー
授業科目名
(フリガナ)
ハンノウユウキカガクセミナー
英文授業科目名 Organic Reaction Chemistry (Seminar)
担当教員名 安倍 学,高木 隆吉,波多野 さや佳
担当教員名
(フリガナ)
アベ マナブ,タカギ リュウキチ,ハタノ サヤカ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中:教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
ディスカッション、学生の発表 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 7 : 大学院発展的レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 07 : 化学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 反応有機化学に関する最新研究を学生自ら学び、紹介する機会を設ける。学生の研究能力の向上を目指す。 
授業計画 研究倫理
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。
化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。

化学雑誌から適切な論文を自らが選び、その研究内容を反応有機研究グループ内で紹介する。その際、参加者からの質問にも答え、デイスカッション能力も養う。 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;板書多用;教科書・プリント・テープの聞き取り
     ・ディスカッション・ディベート・学生の発表・講義のレジュメの有無等)
使用する視聴覚教材の種類(ビデオ・DVD・OHP・接写カメラ・スライド
             ・パワーポイント等)
ビデオ・DVD使用の場合(本数;1回の上映時間)
ビデオ・DVDの文字情報(字幕・内容解説書の有無)
 
授業で使用する
メディア・機器等
使用しない 
予習・復習への
アドバイス
世界トップレベルの研究者らの研究の進め方、考え方を学び、教科書にはない先端研究の知識を習得し、自らの研究に活かせるようになることを目標として、準備と復習を行う。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 発表、質疑内容等を総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ