広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程後期
講義コード NDP10142 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 教科教育学講究(造形芸術教育学領域)
授業科目名
(フリガナ)
キョウカキョウイクガクコウキュウ(ゾウケイゲイジュツキョウイクガクリョウイキ)
英文授業科目名 Research into Curriculum and Instruction Sciences (Specialization in Art Education)
担当教員名 一鍬田 徹
担当教員名
(フリガナ)
ヒトクワダ トオル
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 月1-4:*教員研究室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 彫刻、立体造形、美術教育 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 生涯教育を視野に入れた教科教育学における立体造形、彫刻の意義及び可能性について検討する。またそれらの問題解決のための方法を研究し、各自の研究テーマの位置づけと動機づけを行う。 
授業計画 第1回 生涯教育における立体造形、彫刻の意義及び可能性について検討する。またそれらの問題解決のための方法を研究し、各自のテーマの位置づけと動機付けを行う。
第2回論文指導(レポート発表①),作品制作に関わる経過報告①
第3回論文指導(ディスカッション及び問題の顕在化①),作品制作に関わる経過報告②
第4回論文指導(レポート発表②),作品制作に関わる経過報告③
第5回論文指導(ディスカッション及び問題の顕在化②),作品制作に関わる経過報告④
第6回論文指導(レポート発表③),作品制作に関わる経過報告⑤
第7回論文指導(ディスカッション及び問題の顕在化③),作品制作に関わる経過報告⑥
第8回論文指導(レポート発表④),作品制作に関わる経過報告⑦
第9回論文指導(ディスカッション及び問題の顕在化④),作品制作に関わる経過報告⑧
第10回論文指導(レポート発表⑤),作品制作に関わる経過報告⑨
第11回論文指導(ディスカッション及び問題の顕在化⑤),作品制作に関わる経過報告⑩
第12回論文指導(レポート発表⑥)作品制作に関わる経過報告⑪
第13回論文指導(ディスカッション及び問題の顕在化⑥),作品制作に関わる経過報告⑫
第14回論文指導 論文に関わる総括
第15回論文指導 作品制作に関わる総括

生涯教育を視野に入れた、教科教育学に関わる各自の設定した課題に基づいて、研究発表を行う。 
教科書・参考書等 ・『ロダンのかげの彫刻家たち』上野弘道ほか共著(あい書林)
・『彫刻家の現場(アトリエ)から』武田厚/著(生活の友社) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
自身の研究テーマに基づいた先行研究を把握すること。 
履修上の注意
受講条件等
彫刻全般に関してかなり高度な知識と経験を要するので、受講制限をすることがある。事前に担当教員に相談のこと。 
成績評価の基準等 課題レポート及び完成作品の提出を総合して行う。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
彫刻家としての経験を通して、実践的な指導を行う。 
メッセージ 彫刻芸術に関わる,高度な問題発見能力と課題解決能力が求められるので,受講者には特に積極的な研究態度を求める。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ