広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程後期
講義コード NDK10191 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 日本語教育学講究
授業科目名
(フリガナ)
ニホンゴキョウイクガクコウキュウ
英文授業科目名 Research into Teaching Japanese as a Second Language
担当教員名 白川 博之
担当教員名
(フリガナ)
シラカワ ヒロユキ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 木3-4:*教員研究室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 23 : 人文学
学問分野(分科) 06 : 言語学
対象学生 文化教育開発専攻生選択必修
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 1.各人の研究テーマについて、これまでに何が明らかにされていて、これから
 何が明らかにされなければならないのかを把握する。
2. 外部に向けて発表できる研究ができるようにする。 
授業計画 第1回~第15回
 現代日本語文法に関して、受講者の研究テーマに関連した文献を講読し、自他
の研究を日本語研究の中に位置づけさせるとともに、問題の所在・研究の動向を
探る。
 学会発表・学会誌投稿を目指して、各自の研究成果を報告し、討議する。 
教科書・参考書等 授業時に相談に応じる。 
授業で使用する
メディア・機器等
特にない。 
予習・復習への
アドバイス
第1回~第15回
ディスカッションに積極的に参加すること。 
履修上の注意
受講条件等
1.日本語文法に関係する修士論文(あるいは、それに準ずるもの)を書いた者に
限って受講を認める。
2.教育系ゼミ・言語系ゼミ(畑佐・渡部・中山・白川・仁科・永田)の合同授業である。
したがって、原則としてこれらのゼミ生に限って履修を認める。
 
成績評価の基準等 口頭発表および論文(各期1編) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 博士後期課程の学生は、最終的には論文が書けなければならない。外部に発信
できる研究を目指して頑張って欲しい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ