広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程後期
講義コード NDC20500 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 教職教授学講究
授業科目名
(フリガナ)
キョウショクキョウジュガクコウキュウ
英文授業科目名 Research into Teaching Practice
担当教員名 若松 昭彦,森 まゆ,船橋 篤彦,川合 紀宗,村上 理絵,氏間 和仁,谷本 忠明,竹林地 毅,林田 真志
担当教員名
(フリガナ)
ワカマツ アキヒコ,モリ マユ,フナバシ アツヒコ,カワイ ノリムネ,ムラカミ リエ,ウジマ カズヒト,タニモト タダアキ,チクリンジ タケシ,ハヤシダ マサシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 木5-6:*教員研究室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義及び演習 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 教育学研究科博士課程後期教育学習科学専攻学習開発学分野特別支援教育学領域の学生
授業のキーワード 特別支援教育,教員養成,カリキュラム,SDG_04 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 〔目標〕
・大学における特別支援教育教員養成カリキュラムを理解する。
・特別支援教育教員養成のための授業観察と分析を行う。
・特別支援教育教員養成のための授業シラバスを作成する。
〔概要〕
 第1セメスターにおける開設科目の履修を通して得た知見を踏まえて,特別支援教育教員養成カリキュラムについて理解し,指導教員が担当する特別支援教育教員養成のための授業を観察し分析する。そして,それらの授業シラバスを作成し提出する。
 
授業計画 第1回 オリエンテーション
 教職教授学講究(特別支援教育学分野)の目的及び方法を理解する。
第2回 大学における特別支援教育教員養成カリキュラム研究(カリキュラムの実際)
 大学における特別支援教育教員養成カリキュラムの研究を行い,カリキュラムの実際を知る。
第3回 大学における特別支援教育教員養成カリキュラム研究(カリキュラムの目標)
 大学における特別支援教育教員養成カリキュラムの研究を行い,カリキュラムの目標について理解する。
第4回 大学における特別支援教育教員養成カリキュラム研究(カリキュラムの構成原理)
 大学における特別支援教育教員養成カリキュラムの研究を行い,カリキュラムの構成原理について理解する。
第5回  特別支援教育教員養成のための授業①(第一欄または第三欄)の観察と分析(目標・内容)
 授業①の観察と分析を行い,その授業の目標や内容,指導方法及び受講学生の実態や変容を理解する。
第6回 特別支援教育教員養成のための授業①(第一欄または第三欄)の観察と分析(指導方法)
 授業①の観察と分析を行い,その授業の目標や内容を理解する。
第7回 特別支援教育教員養成のための授業①(第一欄または第三欄)の観察と分析(受講学生の実態や変容)
 授業①の観察と分析を行い,その授業の指導方法を理解する。
第8回 特別支援教育教員養成のための授業①の観察と分析
 授業①(第一欄または第三欄)の観察と分析を行い,その授業の受講学生の実態や変容を理解する。
第9回  特別支援教育教員養成のための授業②(第二欄)の観察と分析(目標・内容)
 授業②の観察と分析を行い,その授業の目標や内容を理解する。
第10回  特別支援教育教員養成のための授業②(第二欄)の観察と分析(指導方法)
 授業②の観察と分析を行い,その授業の指導方法の実態や変容を理解する。
第11回  特別支援教育教員養成のための授業②(第二欄)の観察と分析(受講学生の実態や変容)
 授業②の観察と分析を行い,その授業の実態や変容を理解する。
第12回  特別支援教育教員養成のための授業②(第二欄)の観察と分析
 授業②の観察と分析を行い,その授業の目標や内容,指導方法及び受講学生の実態や変容を理解する。
第13回 特別支援教育教員養成のための授業シラバス作成
第14回 作成したシラバスの発表および内容の検討
第15回 まとめ

特別支援教育教員養成カリキュラムの研究と授業①(第一欄または第三欄),②(第二欄)の観察と分析をもとに,学習開発教職授業プラクティカムⅠ(前期),Ⅱ(後期)で実習する授業シラバスを作成してレポートを提出する。それによって,学習開発教職授業プラクティカムⅠ,Ⅱの準備をする。 
教科書・参考書等 テキストは用いない。参考書は以下の通りである。
文部科学省(2009)『特別支援学校 幼稚部教育要領 小学部・中学部学習指導要領 高等部 学習指導要領』,海文堂出版.
文部科学省(2009)『特別支援学校学習指導要領解説 総則等編(幼稚部・小学部・中学部)』,教育出版.
文部科学省(2009)『特別支援学校学習指導要領解説 自立活動編(幼稚部・小学部・中学部・高等部)』,海文堂出版.
 
授業で使用する
メディア・機器等
必要に応じて資料を配布する。 
予習・復習への
アドバイス
毎回の学習内容に従って,時間外での作業を積極的に進めること。
 
履修上の注意
受講条件等
原則として,自分が保有する特別支援教育の免許領域について学習を進める。 
成績評価の基準等 授業の成績はレポートで評価する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
盲学校で12年勤務した教員(氏間)が,視覚障害のある児童生徒および特別支援教育に関する実践に基づいた研究指導を行う。
米国の公立学校や大学に勤務し、言語障害臨床を行った経験のある者(川合紀宗)が,実務経験にもとづく具体例を紹介し、実践的な学びになるように指導する。
特別支援学校と小学校特別支援学級の担任者や教育センターや教育委員会での勤務経験者(竹林地毅)が実務経験にもとづく具体例を紹介し、実践的な学びになるように指導する。
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ