広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMR10320 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 臨床心理面接特講II
授業科目名
(フリガナ)
リンショウシンリメンセツトッコウII
英文授業科目名 Special Lecture on Psychological Interview II
担当教員名 尾形 明子,神原 広平,上手 由香
担当教員名
(フリガナ)
オガタ アキコ,カンバラ コウヘイ,カミテ ユカ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中:*未定
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 06 : 心理学
対象学生 臨床心理プログラムの院生のみ
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 受講生の臨床心理面接に必要な心理査定(見立て)と見立てのフィードバック,面接方針の共有という基本的理解について深化させ,臨床心理面接(遊戯療法を含む)のための基本的応答を修得させることを到達目標とする。 
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回 事例検討1
第3回 事例検討2
第4回 事例検討3
第5回 事例検討4
第6回 事例検討5
第7回 事例検討6
第8回 事例検討7
第9回 事例検討8
第10回 事例検討9
第11回 事例検討10
第12回 事例検討11
第13回 事例検討12
第14回 事例検討13
第15回 授業全体のまとめとして,これまでの授業内におけるディスカッションを通じて,自分自身の考えやあり方について学んだこと,受講生同士のディスカッションにより共有できたことについて振り返りを行い,臨床心理面接のそれぞれ各人にあった工夫について考察する。

最終評価:受講生自身が,本講義や後期の臨床体験を通して培ってきた臨床心理面接(個別支援ならびに集団支援)を実施する場合の心構え,さらには臨床における『共感』の理解やディスカッションで得られた自己理解についてレポートを課す。 
教科書・参考書等 特になし 
授業で使用する
メディア・機器等
特になし 
予習・復習への
アドバイス
大学院生活での学習と体験を融合させ,深化させて専門性を高めるために積極的に言葉にしていくことを求めていきます。受講生同士での授業以外でのディスカッション,共有,共感の場が増えていくとより充実した授業になるものと思います。 
履修上の注意
受講条件等
心理臨床学コースの学生は必修です。 
成績評価の基準等 評価は,授業への参加および発表によって行う 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 本講義は,受講生の体験を中心としてグループディスカッションを行います。ディスカッションで語られる個人的体験については,学習過程において変化していくものです。受講生同士が自分の個人的体験を共有することにより,相互に高め合えることを望んでいます。臨床に正答はなく,よりよくなるためにクライエントと試行錯誤をしていく姿勢を身につけていただきたいと思っています。よって受講生は,感じたことを自由に語りながら考え,反応する姿勢をこの授業で培っていただきたいです。当然,受講生の生の体験でまだ熟成される前の内容がでてきますので,受講生のモラルとして守秘義務の範疇として対応をお願いいたします。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ