広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMQ20050 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 教育哲学演習
授業科目名
(フリガナ)
キョウイクテツガクエンシュウ
英文授業科目名 Seminar on Philosophy of Education
担当教員名 丸山 恭司
担当教員名
(フリガナ)
マルヤマ ヤスシ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金1-4:教A514
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 07 : 教育学
対象学生 博士課程前期生
授業のキーワード 教育、哲学、現代思想 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 教育の諸理論および教育の諸問題を哲学的に考察することを通して、教育現象に対する深い洞察力を養う。また、教育哲学研究の動向と方法論に触れることにより、教育の哲学的研究方法及び思考様式を理解する。 
授業計画 第1回オリエンテーション:授業の進め方について
第2回:講義と討論:近代教育のパッチワーク
第3回:講義と討論:近代教育のパッチワーク
第4回:討論と解説:教育哲学再考(長谷川論文検討)
第5回:討論と解説:教育哲学再考(土戸論文検討)
第6回:討論と解説:教育と他者性(山田論文検討)
第7回:討論と解説:教育と他者性(安積論文検討)
第8回:プレゼンテーション:各自の研究
第9回:プレゼンテーション:各自の研究
第10回:討論と解説:教育と他者性(丸山①検討)
第11回:討論と解説:教育と他者性(丸山②検討)
第12回:討論と解説:教育倫理学(丸山③-1検討)
第13回:討論と解説:教育倫理学(丸山③-2検討)
第14回:討論と解説:教育倫理学
第15回:総括

試験は実施しない

 教育をめぐる具体的な諸言説を取り上げ、これらを構成する概念、論理構造、前提を解明する。また、教育哲学の諸成果を批判的に吟味し可能性を探る。
 以上の活動を、講義および読書課題をめぐるクラス討議によって進める。なお、読書課題に関する批判的小論を授業前に提出すること。 
教科書・参考書等 授業開始時に受講者の関心を加味して決定する。原案は次の通り。
教育哲学再考:
 長谷川熙「日本になぜ哲学がないか」『AERA』 2002年8月12-19日号。
 土戸敏彦「さまざまな『教育哲学』」『冒険する教育哲学』勁草書房、1999年。
教育と他者性:
 山田潤「『不登校』 だれが、なにを語ってきたか」『現代思想』第30巻第5号、2002年。
 安積遊歩「障害児教育を超えて」、井上俊他編『岩波講座現代社会学12こどもと教育の社会学』、岩波書店、1996年。
 丸山恭司①「教育現場の暴力性と学習者の他者性」、越智貢編著『岩波応用倫理学講義6教育』、岩波書店、2005年。
 丸山恭司②「教育という悲劇、教育における他者 −教育におけるコロニアリズムを超えて−」、教育思想史学会、
  『近代教育フォーラム』、第11号、2002年。
教育倫理学:
 丸山恭司③「教師の倫理を考える」、小笠原道雄他編『教育的思考の作法』福村出版、2006年。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
各回の授業で話し合う内容が事前にレポート課題として提出されるので、課題を終えて授業に臨むこと。 
履修上の注意
受講条件等
授業形式はリーディング課題をめぐるディスカッションが中心となる。 
成績評価の基準等 授業参加(出席、発言)(30%:うち、自己評価10%、授業者評価10%、同僚評価10%)と課題小論(70%)から判定する。
毎回、翌週の課題が出される。課題はA4サイズ用紙1枚の小論にまとめて提出する。課題小論はそれぞれ評価されて返却される。課題小論の最終評価は上位7点の平均点とする(提出されなかったものも含め、最下位点の提出課題は評価の対象としない)。
 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ