広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMP20100 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 造形芸術教育内容学特講II(彫刻)
授業科目名
(フリガナ)
ゾウケイゲイジュツキョウイクナイヨウガクトッコウII(チョウコク)
英文授業科目名 Special Lecture on Art Education II (Sculpture)
担当教員名 一鍬田 徹
担当教員名
(フリガナ)
ヒトクワダ トオル
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 火5-8:教E110
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 彫刻、立体造形、美術教育 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 主に彫刻や立体表現に関わる先行研究のテキスト批評を行い、それを元に受講生が議論し、思考や理解を深めることで、各自の修士論文を作成するにあたっての課題を明確化する。 
授業計画 第1回:オリエンテーション
第2回:テーマの決定および課題の確認
第3回:課題レポート(彫刻)提出①,ディスカッション
第4回:課題レポート(現代彫刻)提出②,ディスカッション
第5回:課題レポート(古典彫刻)提出③,ディスカッション
第6回:課題レポート(原始彫刻)提出④,ディスカッション
第7回:課題レポート(パブリックアート)提出⑤,ディスカッション
第8回:課題レポート(公共彫刻)提出⑥,ディスカッション
第9回:課題レポート(インスタレーション)提出⑦,ディスカッション
第10回:課題レポート(パブリックスカルプチャー)提出⑧,ディスカッション
第11回:課題レポート(立体造形)提出⑨,ディスカッション
第12回:課題レポート(ミクストメディア)提出⑩,ディスカッション
第13回:課題レポート(アッサンブラージュ)提出⑪,ディスカッション
第14回:課題レポート(素材)提出⑫,ディスカッション
第15回:総括 
教科書・参考書等 ・基本的には学会誌『美術教育学』(大学美術教育学会)を使用することとするが、詳細は授業の初めに指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
各自の研究テーマに基づいた先行研究リストを作成のこと。 
履修上の注意
受講条件等
・彫刻全般に関して高度な知識と経験を要する。これらがない場合は、必ず事前に担当教員に相談すること(メール可)。 
成績評価の基準等 課題レポート及びディスカッションへの参加状況等をもって、総合的に判断する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
彫刻家としての経験を通した実践的な演習を行う。 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ