広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NML20210 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 健康スポーツ教育学演習I(スポーツ教育学)
授業科目名
(フリガナ)
ケンコウスポーツキョウイクガクエンシュウI(スポーツキョウイクガク)
英文授業科目名 Seminar on Health and Sports Sciences Education I (Sports Pedagogy)
担当教員名 岩田 昌太郎
担当教員名
(フリガナ)
イワタ ショウタロウ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月5-8:*教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 専修生選択
授業のキーワード 体育科教育学,体育教師教育,研究方法論,カリキュラム,授業論,教材開発,修士論文,ディスカッション,プレゼンテーション 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  授業の到達目標は,以下の2点である。
①メンターとして,研究的な側面のメンタリングをする中で、自己の研究力量を高める。
②各自の研究課題に関する国内外の先端的研究を批判的に吟味し,その研究動向を発表する。
 本授業は,修士課程における研究力量の形成と最終課題である修士論文に向けた研究のテーマやその先行研究の概要を踏まえて,体育科教育学に関する斬新な授業づくりや教材開発などの研究に着手するとともに,その成果についてプレゼンテーション等を通して討議する。また、メンターとしての成長も期待する。 
授業計画 1)オリエンテーション(本授業の意義と概要)

2)体育科教育学の研究動向①:国内編 
3)体育科教育学の研究動向②:国外編
4)体育科教育学の研究動向③:研究方法論 
5)メンターとは何か
6)メンターの役割とメンタリングの内容
7)メンターとしてのメンタリング技能
8)メンターミーティング
9)メンタリングの途中経過報告会
10)各自の研究課題に関する分析の成果発表①(院生2名):研究の背景
11)各自の研究課題に関する分析の成果発表②(院生2名):問題の所在
12)各自の研究課題に関する分析の成果発表③(院生2名):量的研究
13)各自の研究課題に関する分析の成果発表④(院生2名):質的研究
14)各自の研究課題に関する分析の成果発表⑤(院生2名):結果と考察
15)本授業のまとめ 
教科書・参考書等 『新版 体育科教育学の現在』創文企画,『Handbook of Physical Education』SAGE Publications 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,映像(PC用のPowerPoint) 
予習・復習への
アドバイス
あらかじめ、発表資料を作成の上、参加者に発表当日の前日までに送付しておく。 
履修上の注意
受講条件等
研究プログラムの大学院生が修士論文を仕上げるための授業内容である。
 
成績評価の基準等  以下の4つの視点から評価する。
1)授業中の態度(20点)【関心・意欲・態度】
2)プレゼンテーション能力(20点)【技能】
3)授業中のディスカッション能力(20点)【思考・判断】
4)ポートフォリオの内容(40点)【知識・理解】 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ