広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NML20140 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 健康スポーツ教育学特講II(スポーツ方法学)
授業科目名
(フリガナ)
ケンコウスポーツキョウイクガクトッコウII(スポーツホウホウガク)
英文授業科目名 Special Lecture on Health and Sports Sciences Education II (Sports Methodology)
担当教員名 黒坂 志穂
担当教員名
(フリガナ)
クロサカ シホ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 金5-8:教B220
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義と演習、ディスカッション、学生の発表
但し、感染症など社会情勢の変化に応じてオンライン授業を行う。
(オンラインの場合は、全体の内容に変化はないが、実施順序等が多少異なる可能性もある。)
実施形態については、授業掲示板を良く見ておくこと。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 表現運動・ダンス教育 意義 内容 方法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  スポーツに対する身体の使い方を考え,身につけていくために,授業の基本構成は,講義,実践,レポート発表の3部構成とする. 
授業計画 第1回 講義の概要を説明する.



第2回 骨格に基づいた身体の構造理解

第3回 自然な身体の使い方の理解

第4回 表現のための方法学1(ダンス等表現活動の種類)


第5回 表現のための方法学2(ダンス等表現活動のためのポイント)


第6回 表現のための方法学3(ダンス等表現活動における身体の使い方の工夫)


第7回 スポーツのための方法学1(各種スポーツトレーニングの種類の学習)

第8回 スポーツのための方法学2(各種スポーツトレーニングのポイント)


第9回 スポーツのための方法学3(各種スポーツトレーニングにおける身体の使い方の工夫)


第10回 身体活動の方法学1(座法の種類と座位姿勢がもたらす弊害)

第11回 身体活動の方法学2(健康づくりのための身体活動の方法)

第12回 身体活動の方法学3(無理のない身体活動のための工夫)


第13回 身体活動の方法学4(身体構造的に自然な歩き方を行うための工夫)

第14回 各種スポーツ方法学のまとめ


第15回:期末レポート











 
教科書・参考書等 ・ぜんぶわかる人体解剖図(成美堂出版,坂井 建雄 , 橋本 尚詞) 
・50歳からは筋トレをしてはいけない(講談社,勇崎賀雄)
・講義形式(ディスカッション・ディベート・学生の発表・講義等)
使用する視聴覚教材の種類(ビデオ・パワーポイント等)
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,音声教材,映像 
予習・復習への
アドバイス
既習内容を充分に理解しておくこと 
履修上の注意
受講条件等
 教科専門科目(保健体育,「体育原理,体育心理学,体育経営管理学,体育社会学」及び運動学) 
成績評価の基準等   各講義中のレポート発表,授業態度,期末レポートにより評価する. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  遅刻厳禁 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ