広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NML10110 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 健康スポーツ教育学特講I(スポーツ方法学)
授業科目名
(フリガナ)
ケンコウスポーツキョウイクガクトッコウI(スポーツホウホウガク)
英文授業科目名 Special Lecture on Health and Sports Sciences Education I (Sports Methodology)
担当教員名 草間 益良夫
担当教員名
(フリガナ)
クサマ マスラオ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火5-8:教B220
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義とディスカッション、学生の発表とディスカッションを行う。 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 05 : スポーツ科学
対象学生 博士課程前期学生
授業のキーワード スポーツ技術、対人的技術、剣道、教授方法 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 スポーツ技術や剣道の対人的技術の教授方法についてスポーツ技術学的視点から検討する。 
授業計画 講義とディスカッション、院生の発表とディスカッションを行う。(1~15回)

レポートあり、発表は口述試験となる。

剣道技術の教授方法として、武道の名著とされている文献の中から代表的なものを使用し、実際に行われていた各流派の技術やその教授法について学習し、各流派の技術的な特徴や各々の優れている点について検討する。
また、各自関心のある運動種目をスポーツ技術学的観点から「特徴と課題」について発表し、ディスカッションを通して理解を深める。 
教科書・参考書等 特になし。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
特になし。 
履修上の注意
受講条件等
特になし。 
成績評価の基準等 レポート、発表内容と方法・態度、授業の活動・態度、を総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ ディスカッションは授業の大切な柱の一つです。活発なディスカッションを期待しています。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ