広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMH10210 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 国語文化学特論VI(書写・書道領域)
授業科目名
(フリガナ)
コクゴブンカガクトクロンVI(ショシャ・ショドウリョウイキ)
英文授業科目名 Advanced Study in Japanese Language Culture VI (Handwriting and Calligraphy in Japanese Language)
担当教員名 松本 仁志
担当教員名
(フリガナ)
マツモト ヒトシ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   前期   セメスター(前期)
曜日・時限・講義室 (前) 集中:*未定
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生  
授業のキーワード 文字,歴史,教育,書写書道 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 国語文化のうち、書道(字体・字形を含む)に関する研究史について理解を深め、中等教育における国語教師として必要な研究的視点を養う。 
授業計画 1.漢字研究の歴史① 清以前
2.漢字研究の歴史② 清以後(含日本) 
3.漢字研究の歴史③ 国字問題
4.漢字研究の歴史④ まとめ
5.漢字字書の歴史① 説文解字
6.漢字字書の歴史② 字彙
7.漢字字書の歴史③ 康煕字典
8.漢字字書の歴史④ 日本の現状
9.仮名研究の歴史① 国語学的視点 
10.仮名研究の歴史② 書道的視点
11.仮名研究の歴史③ 国字問題
12.仮名研究の歴史④ まとめ
13.書学・書道史との関わり① 中国の書論
14.書学・書道史との関わり② 日本の書論
15.書学・書道史との関わり③ まとめ

 
 
 

 
教科書・参考書等 適宜指示する。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
1~4 漢字研究の視点を把握すること
5~8 字書史の概要を理解すること
9~12 平安かなから現代仮名へ至るまでの流れを理解すること
13~15 重なる研究領域について把握すること 
履修上の注意
受講条件等
2020年度は集中講義なので上記内容と異なる場合あり 
成績評価の基準等 レポート(100%) 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ