広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMG20330 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 市民性・社会科学認識内容学演習III
授業科目名
(フリガナ)
シミンセイ・シャカイカガクニンシキナイヨウガクエンシュウIII
英文授業科目名 Seminar on Citizenship and Social Sciences III
担当教員名 畑 浩人
担当教員名
(フリガナ)
ハタ ヒロト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 金5-8:教A401
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
基本文献講読と演習:院生の実践(予定)報告、質疑応答、討論、再調査・再報告の反復 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 博士課程前期=修士課程の大学院生、社会認識教育学専修、主に現職教員の方。
授業のキーワード 法社会学、連邦最高裁判所、司法による法創造、裁判官の判決行動、裁判官の任命過程 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 特殊講義と実践研究のみを担当しており、論文指導をしていないので、かえって受講生の興味関心に照準を合わせた柔軟な対応ができます。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  公民科教育の内容を発展・促進するため、アメリカ合衆国の連邦最高裁のノンフィクションを講読して、司法システムと社会システムの政治的関係を理論的かつ実証的に理解する能力を修得することにより、受講者の公民科教員としての資質と教材開発能力の向上をめざす。
 とくに法教育を実践するに当たっては、法システムに関する広い認識枠組を獲得することが肝要である。 
授業計画  毎回の報告と再調査報告と授業やBb9での質疑応答の内容を総合して評価する。
 重要な論点について不明な部分が残れば、中間や期末レポートを課すことがある。

 前期の実践研究で、アメリカ合衆国の州最高裁を取り上げるので、これに対抗して、後期には最近出版された連邦最高裁のノンフィクションを購読してみます。
 日本の最高裁を考察するうえでも、よい比較対照となるでしょう。

※ 授業時間帯は、履修手続の便宜上金曜の午後にしているだけですので、具体的には受講者と相談のうえ決定します。 
教科書・参考書等  比較的新しい関連文献は次のようなものです。先に予備知識の獲得のために、後掲の参考書(和書)から読み進むほうがよいかもしれません。
1 Jeffrey Rosen, “The Most Democratic Branch: How the Courts Serve America,” Oxford University Press , 2006.
2 Jeffrey Rosen, “The Supreme Court : The Personalities and Rivalries That Defined America,” Times Books, 2007.
3 Jan Crawford Greenburg, “Supreme Conflict: The inside Story of the Struggle for Control of the United States Supreme Court,” Penguin Press, 2007.
4 Gerald N. Rosenberg, "The Hollow Hope : Can Courts Bring about Social Change? " 2nd Edition (American Politics and Political Economy), Univ of Chicago Pr, 2008/05.   

参考書:合衆国最高裁=連邦最高裁に関しては、次のような3冊があります。
1 レオナ-ド・ウィリアムス・レヴィ(古賀正義訳)『最高裁の逆流:法解釈をめぐる闘争の日々』ぎょうせい 1981/09出版
2 ボブ・ウッドワ-ド(『大統領の陰謀』や『ブッシュの戦争』の著者)&スコット・ア-ムストロング『ブレザレン:アメリカ最高裁の男たち』TBSブリタニカ (阪急コミュニケ-ショ) 1981/03出版
3 ウィリアム・H.レ-ンクィスト(前連邦最高裁長官)(根本猛訳)『アメリカ合衆国最高裁:過去と現在』心交社 1992/08出版
4 また、日本の最高裁についても次のようなジャーナリスティックな研究が出てきました。
 山口 進・宮地ゆう『最高裁の暗闘:少数意見が時代を切り開く』朝日新書278, 2011年
★早い目に、もみじの講義別BBSに希望や質問などを書き込んで頂けると準備ができますので助かります。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト(入手困難であれば複写して配布)、Bb9上に掲載する資料 
予習・復習への
アドバイス
 少人数ですので毎回、報告準備と授業後の再調査とその報告が必要となります。もちろん、御本人の研究テーマに合わせますので、それらの作業は論文や学会報告の一部を形成する援助になるはずです。
 なお、大学院設置基準第15条によれば、大学設置基準第21条2項の規定を準用して、「1単位の授業科目を45時間の学修を必要とする内容をもって構成することを標準」とすることになっているので、2単位を取得するには、授業の30時間とは別に60時間の学修を各自で必ず実施してください。 
履修上の注意
受講条件等
 教科に関する科目
 受講者の研究関心や意欲によっては、司法システムの範囲内で大幅な軌道修正を行ってもよい。具体的には、4つのシラバスに「アメリカ州最高裁と公選裁判官の判決行動」「アメリカ連邦最高裁の正体」「理論犯罪学」「アメリカにおける直接民主制の実践例」といったテーマを昨年度は挙げておいた。その他、弁護士・検察官の実務関係の文献でもよい。
 いずれも英語文献の購読なので、受講者の研究関心に合わせて最良の文献を選択したい。 
成績評価の基準等  授業への出席と英語文献の読解力、そして報告と討論の内容を通じて、1)知識と理解、2)表現技能、3)論理的構成力、4)知的探究の意欲などの観点を考慮して総合的に評価する。
  当然ですが、5回欠席で不合格です。また、2回の遅刻で1回の欠席に換算します。すでに単位時間として、休憩や移動は割り引かれて45分ずつになっていますので、時間を大切に使いましょう。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  小職の専攻分野は法律学で、とくに法社会学・犯罪社会学です。具体的には、刑事弁護士や裁判官、市議会議員など法の担い手の活動実態を調査したりしています。また、最近は少年の問題行動や非行の実態や対策にも関心を広げております。
 よく学びよく遊ぶつもりで1粒で2度も3度も美味しい授業をめざしていますが、教室内に飲食物の持ち込みはお断りします(第1種衛生管理者)。 
その他 URL1:日本の最高裁判所http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf
  2:合衆国最高裁 http://www.supremecourtus.gov/
  3:法令データ提供システムhttp://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
  4:FindLaw(合衆国の法令判例検索サイト)http://www.findlaw.com/casecode/ 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ