広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMG20260 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 市民性・社会科学認識内容学特講V
授業科目名
(フリガナ)
シミンセイ・シャカイカガクニンシキナイヨウガクトッコウV
英文授業科目名 Special Lecture on Citizenship and Social Sciences V
担当教員名 畑 浩人
担当教員名
(フリガナ)
ハタ ヒロト
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 木5-8:教A401
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
特殊講義:学生の文献読解・調査報告、質疑応答、討論、再調査報告・再検討の反復
 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 5 : 大学院基礎的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 01 : 法学
対象学生 博士課程前期(修士)課程1年生
授業のキーワード 法社会学、法教育、法制度の比較、裁判官の任命過程、司法の民主性、州レベルの自治 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 特殊講義と実践研究のみを担当しており、論文指導をしていないので、かえって受講生の興味関心に合わせた柔軟な対応ができます(教育現場や実社会で役に立たない専門知識の押しつけはしないという趣旨でもあります)。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等  社会科学認識教育の内容のうち、主として法社会学や犯罪社会学の視点から法教育の内容と教材開発の研究を行う。
 また、法律学に関する内外の基本資料の研究や討論を通じて、社会科学的認識を高めるとともに、社会認識教育および法教育における高度な教材研究・教材開発能力の習得をめざします。
授業の到達目標及びテーマ
 ・到達目標: 公民科教育の内容を発展・充実させるため、司法制度に関する詳細な研究を講読することを通じて海外の法制度を具体的かつ精確に理解させる。これにより、日本における類似の法制度が存在する根拠を説明したり、法システムの機能を客観的に評価したりする社会科学的な分析能力を修得させて、受講者の公民科教員としての資質と教材開発能力を格段に向上させることを目標とする。
 ・テーマ:日米の裁判所制度を法比較及び法社会学的な観点から把握すること 
授業計画  毎回の文献読解、質疑応答・討論、再調査報告の内容により評価する。
 なお、重要な論点につき多大な疑問点が残った場合には中間または期末レポートを課して評価に加える場合もある。

 この授業ではまず現代司法の基本問題と法律学が直面する現代的課題をあらかじめ提起する。そして受講者からいくつかのテーマを選択して調査報告をしてもらい、討論する。現代法律学の基本問題としては、行為と規範、人格と自由、原告と被告と第3者の介入による紛争解決を主題として考えている。
 授業の概要
・毎回、受講者は指定された文献を事前に読み、担当部分を要約し、関連事項の調査結果に論理的考察を加えて報告する。授業での討論後に補充調査した結果は授業用の電子掲示板に随時記載してもらう。
<授業計画>
 第1回:導 入。文献紹介、報告分担決定、授業進行方法の説明。
 第2回:テキスト序章 裁判所公平化計画の展開の本質
 第3回:    1章 指名委員会構成員の選出
 第4回:    2章 裁判官の任用手続
 第5回: 3章前半 J郡における政党機能と裁判官選出(環境と参加者の特性)
 第6回: 3章後半 同(指名と任命のゲーム、沿革)
 第7回: 4章前半 S地区における裁判官選出の多元的性質(環境と参加者の特性)
 第8回: 4章後半 同(選出過程、選出システム)
 第9回: 5章 上級裁判所裁判官の協調的選出
第10回: 6章 裁判官の社会的背景と終身制
第11回: 7章 裁判官選出方法に対する弁護士の態度
第12回: 8章 裁判官の判決行動に対する弁護士の評価
第13回: 9章 計画により選出された裁判官の判決傾向
第14回:10章 結論(裁判官選出計画の影響)
第15回:総括、日本の裁判官任命過程との比較、国民審査制度の民主的統制機能 
教科書・参考書等 テキスト:Richard A. Watson & Rondal G. Downing, “The Politics of the Bench and the Bar: Judicial Selection under the Missouri Nonpartisan Court Plan,” John Wiley & Sons, 1969年
参考書:田中英夫『英米の司法』東京大学出版会 1973年
    浅香吉幹『現代アメリカの司法』東京大学出版会 1999年
    西川伸一『日本司法の逆説:最高裁事務総局の「裁判しない裁判官」たち』五月書房 2005年
    新藤宗幸『司法官僚:裁判所の権力者たち』岩波新書 2009年
    山口 進・宮地ゆう『最高裁の暗闘:少数意見が時代を切り開く』朝日新書 2011年 
授業で使用する
メディア・機器等
テキストは絶版なので複写して配布,Bb9上に掲載資料 
予習・復習への
アドバイス
 毎回、英文読解準備(=不明な英単語調べ、術語調べ)、授業での不明な点・疑問点の調査が必要となります。英和辞典は、もしインターネットの接続環境が良好であれば、英辞郎on the Web (http://www.alc.co.jp/) が簡便かつ詳細です。
 なお、この授業は2単位なので、教室内での30時間を含めて延べ90時間の学修活動が最低限要求されます。 
履修上の注意
受講条件等
 受講を希望する学生は、教材準備のため事前に電子メールで通知してくださると助かります。研究発表に意欲的に参加する学生、および法律学研究と法教育に関心のある院生の参加を歓迎します。なお、教室内への飲食物の持ち込みはお断りします(第1種衛生管理者。阪神バスの出発前アナウンス風に響く)。 
成績評価の基準等  出席時の報告と質疑への応答、他人の報告及び講義内容への質疑・討論、授業用電子掲示板への書き込みといった評価要素の各内容を、1)知識と理解、2)表現技能、3)論理的構成力、4)探究意欲などの観点から総合的に評価する。
  なお、欠席5回で不合格です。また、1単位時間は、休憩や移動という名目で、すでに大幅に削られて、たったの45分(小学校レベル!?)しかないので遅刻は厳禁です。遅刻2回で欠席1回に換算しますので、御注意ください。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  小職の専攻分野は法律学で、とくに法社会学・犯罪社会学です。具体的には、刑事弁護士や裁判官、市議会議員など法の担い手の活動実態を調査したりしています。また、最近は少年の問題行動や非行の実態や対策にも関心を広げております。 
その他 関連サイトのURL:最高裁判所の裁判官http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/index.html
    下級裁判所裁判官指名諮問委員会 http://www.courts.go.jp/saikosai/about/iinkai/kakyusaibansyo/index.html
    法務年鑑http://www.moj.go.jp/TOUKEI/nenkan.html 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ