広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMD20170 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 自然システム教育学演習(生物)I
授業科目名
(フリガナ)
シゼンシステムキョウイクガクエンシュウ(セイブツ)I
英文授業科目名 Seminar on Biology in Science Education I
担当教員名 竹下 俊治
担当教員名
(フリガナ)
タケシタ シュンジ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水5-8:教C108
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義および演習,ディスカッション,学生の発表,作業,薬品使用 
単位 2.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 教育学研究科科学文化教育学専攻1年生他
授業のキーワード 生物,分類生態,環境,SDG_04, SDG_15 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 生物学とその関連分野における生物教材の特徴を,生物学の専門的観点から論理的に説明することができる。また,生物学や生物教育に関する文献調査を通じて,国内外における生物の教科指導の現状と課題を明らかにし,課題解決に向けた教材開発研究を立案・実践することができる。
本授業では,中学校・高等学校理科(生物分野)の学習内容からテーマを選定し,文献調査と実験を含む生物教材開発の過程をたどりながら,生物教材開発の基礎的方法を修得する。
本授業では,各自が取り組む内容を選定し,その生物学的背景や教材の原理を把握するとともに,生物学や生物教育の国内外における研究の現状と動向を分析する。分析結果から当該内容における教材の今日的課題を抽出し,新たな生物教材の開発に向けて素材を探査する。素材探査の基礎研究の成果をもとに,教材としての可能性を検討・考察する。 
授業計画 第1回:目的の明確化,担当内容の決定
第2回:内容の背景や教材の原理の把握,研究の現状と動向の分析
第3回:研究の現状と動向の分析
第4回:教材の今日的課題の抽出
第5回:教材の今日的課題に関するディスカッション
第6回:文献等による基礎情報の収集
第7回:予備的実験等による教材化の基礎データの収集
第8回:実験等の試行
第9回:実験等の試行に基づくさらなる基礎データの収集
第10回:実験等の改善・試行
第11回:教材化に関する基礎データの分析
第12回:教材としての可能性の検討
第13回:プレゼンテーション
第14回:ディスカッション
第15回:考察・レポート作成 
教科書・参考書等 各種専門書,研究論文など 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,パソコン,デジタルカメラ等 
予習・復習への
アドバイス
自然システム内容学(生物学)Iの学習内容を復習しておくこと 
履修上の注意
受講条件等
実験・野外調査をする場合がある 
成績評価の基準等 レポート 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 各自の成果を学会発表することを目指す 
その他 受講生の既習状況により内容を変更する場合がある 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ