広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 教育学研究科博士課程前期
講義コード NMD20160 科目区分 専門的教育科目
授業科目名 自然システム教育学演習(化学)II
授業科目名
(フリガナ)
シゼンシステムキョウイクガクエンシュウ(カガク)II
英文授業科目名 Seminar on Chemistry in Science Education II
担当教員名 網本 貴一
担当教員名
(フリガナ)
アミモト キイチ
開講キャンパス 東広島 開設期 1年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 月1-4:*教員研究室
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、実験(薬品やICT機器の使用を含む)、コンピューター活用 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 6 : 大学院専門的レベル
学問分野(分野) 24 : 社会科学
学問分野(分科) 08 : 教科教育学
対象学生 博士前期課程1年次生他
授業のキーワード 化学教育 教材開発 ICT教材 コンピューター活用 SDGs_4 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 化学とその関連分野における最新のICT機器を用いた演習を通じ,それらの特徴や留意点,および教材としての有効性を理解した上で,化学の学習場面で適切に活用することができる。
本演習では,「化学分野におけるPCやICT機器の教材活用」をテーマとして,それらの取り扱いを修得するとともに,化学の教科指導に効果的に活用する方法を考察する。授業における活用に際しては、電子黒板機能付きインタラクティブプロジェクターを用いた模擬授業を行い、双方向型授業展開のあり方を議論する。 
授業計画 第1回 ガイダンス:本授業の目的と方法

<化学分野におけるICT機器活用>
第2回 温度測定
第3回 pH測定
第4回 圧力測定
第5回 電気化学
第6回 吸光分析
第7回 物性測定

<電子黒板とICT実験を活用した双方向型授業展開>
第8回 物質の構造と状態について(1)模擬授業
第9回 物質の構造と状態について(2)検討会
第10回 物質の変化と反応について(1)模擬授業
第11回 物質の変化と反応について(2)検討会
第12回 無機物質について(1)模擬授業
第13回 無機物質について(2)検討会
第14回 有機化合物について(1)模擬授業
第15回 有機化合物について(2)検討会 
教科書・参考書等 テキスト:特になし。必要に応じて,資料を配付する。
参考書・参考資料等:
化学教育における最新文献,Journal of Chemical Education (American Chemical Society)など
田中春彦編著(2006)「これだけは知っておきたい 教員のための化学」培風館
磯﨑哲夫編著(2014)「教師教育講座 第15巻 中等理科教育」協同出版
適切な参考書等を講義の中で適宜紹介する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料 
予習・復習への
アドバイス
幅広い視野と多角的視点を持って化学教材や化学教育内容学,および身の回りの材料や化合物を眺めることができるよう,努めること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 演習における活動状況(60%)と提出されたレポート(40%)により総合的に評価する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ