広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 情報科学部
講義コード KA126001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 データベース
授業科目名
(フリガナ)
データベース
英文授業科目名 Databases
担当教員名 平嶋 宗
担当教員名
(フリガナ)
ヒラシマ ツカサ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   4ターム
曜日・時限・講義室 (4T) 水1-4:工220
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習有、ディスカッション有 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 25 : 理工学
学問分野(分科) 02 : 情報科学
対象学生 2年次
授業のキーワード 現実世界のモデリング,リレーショナルデータベース,リレーショナル代数,正規化,SQL  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
人にとっての情報の意味を理解するとともに,リレーショナルデータベースについての理論と実践的利用方法について学び,データベースを構築,操作できる能力を身につける. 
到達度評価
の評価項目
電子システムプログラム
(能力・技能)
・電子システム分野の基礎概念,知識および手法を具体的・専門的な問題に応用する能力

情報科学プログラム
(知識・理解)
・I1. インフォマティクスの基礎となる理論体系を理解し,科学的論理性に基づいた情報処理技術を駆使して,高次元データを収集・処理するための知識と能力 
授業の目標・概要等 インターネットを始めとして,巷に情報があふれかえっている今日,それらの情報をユーザの状況に応じて整理・提供・管理することが求められている.本講義では,そのための枠組みであるデータベースについて,基本的な概念からその応用にいたるまでを学ぶ.SQLに関しての計算利用実習も行う.
 
授業計画 第1回データと情報
データと情報の違いおよびデータベースの必要性について説明する
第2回データモデル
実世界をデータベース化するためのデータモデルについて紹介する

第3回実体-関連モデル
実世界を概念的に記述するための実体-関連モデルを説明し,実体-関連図をリレーショナルスキーマに変換する方法について学ぶ
第4回リレーショナルデータモデル
リレーショナルデータモデルの概念について学ぶ

第5回一貫性制約
リレーショナルデータモデルにおける一貫性制約について学ぶ

第6回リレーショナル代数(1)
リレーショナル代数について学ぶ

第7回リレーショナル代数(2)
リレーショナル代数について学ぶ

第8回リレーショナル代数(3)
リレーショナル代数についての演習を行う

第9回リレーショナルスキーマの正規化(1)
リレーショナルスキーマの正規化について学ぶ

第10回リレーショナルスキーマの正規化(2)
リレーショナルスキーマの正規化について学ぶ

第11回リレーショナルスキーマの正規化(3)
リレーショナルスキーマの正規化の演習を行う

第12回SQL実習(1)
データベース言語SQLを使いながら学ぶ

第13回SQL実習(2)
計算機を用いて,SQLについての実習を行う.
第14回SQL実習(3)
計算機を用いて,SQLについての実習を行う.
第15回SQL実習(4)
計算機を用いて,SQLについての実習を行う.

数回のレポート,実習,期末試験を行う. 
教科書・参考書等 講義中心;講義のレジュメの有
パワーポイント使用
計算機利用演習
参考書:増永良文著「データベース入門」,サイエンス社 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
1-5回では,はリレーショナルデータベースを構成する概念が多く出るので,これについて覚えることが重要です.また,ER図の描き方をマスターする必要があります.
6-8回ではリレーショナル代数を学びますが,これでキュエリーを記述できるように演習を行う必要があります.
9-11回では,正規化を学びますが,ここでは,関数従属性,多値従属性と正規化の関係について理解したうえで,自身で正規化を行えるように演習を行います.
12-15回では,SQLおよびそれを用いた計算機演習を実施します. 
履修上の注意
受講条件等
Bb9を授業中に利用するので,必携PC等のBb9を利用できる機器を持参すること 
成績評価の基準等 演習およびレポートを30%程度,定期試験を70%程度として総合的に判断する. 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ