広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 薬学部薬学科
講義コード I7096001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 細胞分子生物学実習
授業科目名
(フリガナ)
サイボウブンシセイブツガクジッシュウ
英文授業科目名 Experiments of Cellular and Molecular Biology
担当教員名 田原 栄俊,高橋 陵宇,幾尾 真理子
担当教員名
(フリガナ)
タハラ ヒデトシ,タカハシ リョウウ,イクオ マリコ
開講キャンパス 開設期 2年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実施形態:対面及びオンライン

演習中心、作業、薬品使用 
単位 1.0 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 03 : 薬学
対象学生 2年生
授業のキーワード 細胞培養、無菌的操作、染色体DNA、放射線同位元素(ラジオアイソトープ)、サザン解析 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
第3ステップ:実習
薬学教育モデル・コアカチキュラム:
C 薬学基礎 C1 物質の物理的性質 (1)物質の構造 【④放射線と放射能】,C2 化学物質の分析 (4)機器を用いる分析法 【①分光分析法】1)2),(5)分離分析法 【②電気泳動法】,(6)臨床現場で用いる分析技術 【①分析の準備】1) 【②分析技術】5),C6  生命現象の基礎 (1)細胞の構造と機能,(2)生命現象を担う分子 【⑤ヌクレオチドと核酸】【⑧生体分子の定性、定量】,(4)生命情報を担う遺伝子 【①概論】2)【②遺伝情報を担う分子】1)【⑤遺伝子の変異・修復】,(6)細胞間コミュニケーションと細胞内情報伝達 【① 概論】【③細胞間コミュニケーション】,(7)細胞の分裂と死 【①細胞分裂】【③がん細胞】1),C7  人体の成り立ちと生体機能の調節 (1)人体の成り立ち 【⑭血液・造血器系】,(2) 生体機能の調節 【⑨血液凝固・線溶系】,C8  生体防御と微生物 (3)微生物の基本 【⑤ 消毒と滅菌】
D 衛生薬学 D2 環境 (1)化学物質・放射線の生体への影響 【④放射線の生体への影響】1)2)3),(2)生活環境と健康 【⑥廃棄物】1) 
到達度評価
の評価項目
薬学プログラム
(総合的な力)
・研究力:薬剤師の職域での解決されるべき問題を選定し、問題解決のための方略および研究を遂行できる能力●資質⑧

薬科学プログラム
(能力・技能)
・代表的な化学物質や生体関連物質及び微生物の基本的取り扱いができる 
授業の目標・概要等 細胞培養法の基礎を学ぶ
染色体ゲノムDNAの単離と定量を学ぶ
ラジオアイソトープ標識プローブを用いた遺伝子検出について学ぶ 
授業計画 A. ヒト末梢血からの染色体ゲノムDNA抽出と定量
B. サザン解析による染色体末端構造テロメアDNA配列の検出(放射線同位元素使用)
C. 細胞培養の基礎 (継代培養、細胞増殖、染色体展開、顕微鏡観察)

実習終了後、実験プロトコル(手順書)、経過観察、結果、考察、演習問題に対する解答を記載した実験ノートを提出する。 
教科書・参考書等 実習テキスト配布 
授業で使用する
メディア・機器等
映像(ビデオ/PC/その他画像資料)
ビデオ・DVD使用 ( 40分 x1本、20分 x1本 )
ビデオ・DVDの文字情報 ( 字幕・音声による内容解説有 ) 
予習・復習への
アドバイス
・予め実習テキストを読みこなし、当日行う実験操作について実験ノートにプロトコル(手順書)を作成してから実習に臨む事。
・細胞、DNA、遺伝子、放射性同位元素、基礎的実験技術について復習しておく。 
履修上の注意
受講条件等
「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」に基づき、受講者は予め健康診断(血液検査・皮膚検査)を受診する必要がある。(実習前に告知するので、指定日に受診する事) 
成績評価の基準等 提出された実験ノート内容(実験プロトコル(手順書)、経過観察、結果、考察、演習問題に対する解答)、実習への出席、取り組み態度について採点。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 実験中、手袋を使用します。天然ゴムアレルギーがある人は、予め申し出て下さい。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ