広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L9807001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 (AIMS) Modern Food Science
授業科目名
(フリガナ)
 
英文授業科目名 (AIMS) Modern Food Science
担当教員名 浅川 学
担当教員名
(フリガナ)
アサカワ マナブ
開講キャンパス   開設期 2年次生   前期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:生C205
授業の方法 講義・実習 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、演習中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 3 週時間   使用言語 E : 英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生  
授業のキーワード 分子栄養、機能性食品、食品衛生、食品工学、海洋生物資源化学, "husa" 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 The lecture consists of; i) molecular nutrition and physiological function of foods, ii) food engineering and processing, and iii) food hygiene (microbial and food poisoning control). Students also experience one or two days research tour to local food companies. 
授業計画 第1回 Marine Products in Japan (ovweview)
第2回 Marine Bioresource Chemistry I
第3回 Marine Bioresource Chemistry II
第4回 Molecular Nutrition I
第5回 Molecular Nutrition II
第6回 Molecular Nutrition III
第7回 Physiological Function of Foods I
第8回 Physiological Function of Foods II
第9回 Physiological Function of Foods III
第10回 Food Hygiene I
第11回 Food Hygiene II
第12回 Food Hygiene III
第13回 Food Engineering I
第14回 Food Engineering II
第15回 Food Engineering III

第16回 Term examination
第17回 Training for Marine Food Processing 
教科書・参考書等 Text and handout will be distributed in the class 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
Follow the instruction of each other 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 Midterm examination 10% x 5 times = 70%, Final 30% 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ