広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L5003004 科目区分 専門教育科目
授業科目名 ゲノム科学II
授業科目名
(フリガナ)
ゲノムカガクII
英文授業科目名 Genome Science II
担当教員名 藤川 愉吉,三本木 至宏,藤井 創太郎
担当教員名
(フリガナ)
フジカワ ユキチ,サンボンギ ヨシヒロ,フジイ ソウタロウ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 金1-4:生C315
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 生物生産学部学生
授業のキーワード アミノ酸、蛋白質、蛋白質の構造、酵素化学、エネルギー変換 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
分子細胞機能学プログラムの必修科目、食品プログラムの選択科目。
生命科学への分子的アプローチの基盤にあたる科目。 
到達度評価
の評価項目
食品科学プログラム
(知識・理解)
・専門分野に関わる課題を解決するために必要な、学際的・総合的に考える能力や、広い視野から俯瞰し行動する能力
・食品科学を理解するために必須となる化学・生物学・生化学・微生物学・物理学・数学などの基盤的知識

分子農学生命科学プログラム
(知識・理解)
・生体分子・細胞・生物個体,個体群に関する知識・理解
 
授業の目標・概要等 生体物質の一つである蛋白質の特徴や、細胞内のエネルギー生産・変換について学ぶとともに、遺伝子発現の調節や酵素・蛋白質化学の基礎について学ぶ。
 
授業計画 第1回:イントロダクション
第2回:アミノ酸の性質とタンパク質の階層性
 ポリペプチド、側鎖、非共有結合、タンパク質の一次構造、二次構造、三次構造、四次構造
第3回:コンホメーションと回転角
 ラマチャンドランプロット、αヘリックスとβシート、タンパク質のドメイン
第4回:生体を構成する様々なタンパク質
 ヘモグロビン、アクチンフィラメント、コラーゲン、キャプシド、アミロイド繊維、プリオン
第5回:食物からのエネルギー獲得
 ATP、解糖、クエン酸回路、基質レベルのリン酸化
第6回:ミトコンドリアでのATP生産
 化学浸透共役、呼吸鎖、ATP合成酵素、酸化的リン酸化
第7回:電子伝達鎖のプロトンポンプ
 NADH脱水素酵素複合体、シトクロムc還元酵素、シトクロムc酸化酵素複合体
第8回:葉緑体と光合成
 明反応、炭素固定反応、光リン酸化
第9回:細胞の触媒反応
 化学反応、酵素反応、酵素の特異性
第10回:酵素の触媒機構1
 遷移状態理論、触媒基、結合部位
第11回:酵素の触媒機構2
 一般酸・塩基触媒、共有結合触媒、反応誘導適合説
第12回:酵素の反応速度論
 基質濃度、酵素反応速度、ミカエリス定数
第13回:酵素活性の特徴
 阻害剤、温度、pH
第14回:酵素活性の調節機構1
 調節因子、共有結合的化学修飾、限定水解
第15回:酵素活性の調節機構2
 遺伝子発現、DNA結合モチーフ、遺伝子スイッチ

第16回目に15回の内容をもとにして記述試験を行う。
 
教科書・参考書等 講義中心; (板書、プリント、ディスカッション)。スライド・パワーポイントを随時用いる。
教科書は特に指定しません。
配付資料は印刷物またはデジタルデータです。デジタルデータの場合は「もみじ」の掲示板にてを掲載するので、必要な学生は各自印刷して持参すること。
以下に講義の履修に役立つ参考図書を掲載します(これ以外にも良書はあります)。
参考図書
 細胞の分子生物学(Newton Press)
 タンパク質の構造入門(教育社)
 エッセンシャルタンパク質工学(老川典夫 他,講談社)
 これから学ぶ酵素科学(中山亨 他,講談社)
 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,PC(スライド) 
予習・復習への
アドバイス
第2ー9回 授業後
復習をしっかりすること。
第9ー14回
主に酵素反応や反応機構と特徴、活性調節について予習・復習する
第16回 【期末試験】第1回から15回の授業内容について試験をする。 
履修上の注意
受講条件等
生化学入門や分子生物学入門を復習しておくこと 
成績評価の基準等 試験(100%)により,酵素・蛋白質化学の「知識・理解」を総括評価する。
ただし、学内規定により授業全体の1/3以上を無断欠席した場合、成績の評価はできない。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 本授業は3名の教員によって行われます。
2ー8回 三本木 至宏、藤井 創太郎
9ー15回、藤川 愉吉
16回 藤川 愉吉、三本木 至宏、藤井 創太郎 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ