広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 生物生産学部
講義コード L1008004 科目区分 専門教育科目
授業科目名 水圏生物学実験I
授業科目名
(フリガナ)
スイケンセイブツガクジッケンI
英文授業科目名 Laboratory Work in Hydrospheric BiologyI
担当教員名 小池 一彦,小原 静夏,海野 徹也,吉田 将之,担当教員未定
担当教員名
(フリガナ)
コイケ カズヒコ,オハラ シズカ,ウミノ テツヤ,ヨシダ マサユキ,タントウキョウインミテイ
開講キャンパス 東広島 開設期 2年次生   後期   集中
曜日・時限・講義室 (集) 集中:生A312(学生実験室),生A401(学生実験室)
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表、野外実習、作業、薬品使用 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 1 : 入門レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 01 : 農学
対象学生 生物生産学部 2年次
授業のキーワード SDG 14, SDG 1、SDG 13, SDG 15,海洋生物の生態,生理,生態系評価, 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
水圏統合科学プログラム
(能力・技能)
・水産生物および水圏環境の諸特性を分析・評価するための手法を身につける。
・水圏生物を飼育管理する基本的手技および分析方法
 
授業の目標・概要等 海洋生物の形態,機能,行動を実験と観察を通して学ぶ 
授業計画 1~5. 豊潮丸に乗船し,プランクトンのサンプリングを行う。またCTD等で得られる物理・化学データの鉛直プロファイルを作図する(小池)

6~11.豊潮丸で採集した植物プランクトン群集を用いて,その形態観察,基礎生産速度の測定を行い,海洋生態系の基礎部分を評価する(小原)

12~17. 行動・生理状態の観察を通じて、魚類の心理を定量的に評価する (吉田)

18~22.水産生物のDNA鑑定と種同定を学ぶ(海野)

それぞれの担当者毎にレポートを課す 
教科書・参考書等 必要な資料は印刷物として配布する。 
授業で使用する
メディア・機器等
配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
小池・小原担当部分;事前に配布するテキストを熟読し,豊潮丸での作業に臨むこと。
吉田担当部分;事前に配布するテキストを熟読し、実験の背景と流れを理解しておくこと。
海の担当部分;事前に配布するテキストを熟読し、実験の背景と流れを理解しておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 各レポートの評価+受講態度 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ