広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 工学部
講義コード K7302030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 生物工学実験II
授業科目名
(フリガナ)
セイブツコウガクジッケン 2
英文授業科目名 Experiments on Biotechnology II
担当教員名 舟橋 久景,中ノ 三弥子,湯川 格史,水沼 正樹,久米 一規,藤江 誠,北村 憲司
担当教員名
(フリガナ)
フナバシ ヒサカゲ,ナカノ ミヤコ,ユカワ マサシ,ミズヌマ マサキ,クメ カズノリ,フジエ マコト,キタムラ ケンジ
開講キャンパス 東広島 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月5-8,木5-8,金5-8
授業の方法 実験 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、作業、薬品使用 
単位 4.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 26 : 生物・生命科学
学問分野(分科) 02 : 生物工学
対象学生 工学部第三類生物工学プログラム配属生(生物工学実験Iを履修していること)
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
生物工学プログラム
(能力・技能)
・生物工学及び生命科学の基礎および応用技術の修得(到達目標C・実験科目)
(総合的な力)
・構想力及び実行力の養成(到達目標D)
・コミュニケーション能力の養成(到達目標E) 
授業の目標・概要等 種々の生体分子の解析に必要な実験技術を習得する。 
授業計画 第1回〜第5回 タンパク質生化学実験
       1) タンパク質の精製・定量・分離・消化・同定
       2) lacオペロンによる酵素の誘導合成
第6回〜第10回 遺伝子・タンパク質工学実験
       1) アミラーゼの酵素反応速度論           
       2) プラスミドの形質転換とサザンブロット
第11回〜第15回 先端生命化学演習
         生命科学研究で使用する先端機器に関する講義と演習

各単元ごとにレポート提出(計6回以上)

 
教科書・参考書等 生物工学実験書 広島大学工学部第三類バイオ系 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト 
予習・復習への
アドバイス
各単元の実験で得た結果は、その日のうちにまとめること。 
履修上の注意
受講条件等
生物工学実験Iを履修していること。
実習授業なので、原則として欠席は認めない。 
成績評価の基準等 実験の実施状況(50%)とレポート(50%)による総合評価 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ