広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔工学専攻
講義コード J1706090 科目区分 専門教育科目
授業科目名 口腔保健工学臨床的実習
授業科目名
(フリガナ)
コウクウホケンコウガクリンショウテキジッシュウ
英文授業科目名 Clinical Practice in Oral Health Engineering
担当教員名 二川 浩樹,進藤 智,福井 暁子,吉見 友希,岡田 信輔,笹原 妃佐子,北川 雅恵,新里 法子,峯 裕一,長崎 信一,田地 豪,新谷 智章,岩田 倫幸,尾田 友紀,村山 長,牧原 勇介,下江 宰司
担当教員名
(フリガナ)
ニカワ ヒロキ,シンドウ サトル,フクイ アキコ,ヨシミ ユキ,オカダ シンスケ,ササハラ ヒサコ,キタガワ マサエ,ニイザト ノリコ,ミネ ユウイチ,ナガサキ トシカズ,タヂ ツヨシ,シンタニ トモアキ,イワタ トモユキ,オダ ユキ,ムラヤマ タケシ,マキハラ ユウスケ,シモエ サイジ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 集中
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
臨床実習 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 口腔工学専攻4年生
授業のキーワード 臨床実習 実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
歯科技工士として必要な臨床技能・知識・態度を学ぶ 
到達度評価
の評価項目
口腔工学プログラム
(能力・技能)
・チーム歯科医療として,歯科技工士専門分野(歯科技工)を実践するために必要な能力・技能および態度
(総合的な力)
・口腔・顎顔面領域の検査、診断、治療及び予防と関連する総合的な力および態度
・チーム歯科医療として,歯科技工士専門分野(歯科技工)を実践するために必要な総合的な力および態度 
授業の目標・概要等 臨床診療室・センター各科に配属し,ライターの指導のもとで臨床実習に必要な知識・態度・技能を学ぶべく見学実習を行う  
授業計画 臨床見学実習及び臨床実習は,それぞれ担当する科,部で異なるのでその科,部の計画に従う。


  
教科書・参考書等 歯学臨床科目の項で掲載された書籍を参考とする。 
授業で使用する
メディア・機器等
勉強したテキストおよび配付資料など. 
予習・復習への
アドバイス
各科ライターの指示を守り,また,その日見学した内容は必ずレポートとしてまとめる 
履修上の注意
受講条件等
医療人としての自覚を持ち,歯科医師・歯科衛生士との連携に配慮する.さらに患者の気持ちにも配慮すること。 
成績評価の基準等  各診療科で課している実習内容が完了したか否かにより臨床実習の評価を行うとともに,実習後の筆記,口述試験による総合判定がなされる。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 歯科医である教員が,臨床診療室・センター各科での見学実習を通して,歯科技工士として必要な臨床技能・知識・態度を指導する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ