広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔工学専攻
講義コード J1703060 科目区分 専門教育科目
授業科目名 顎口腔機能学実習
授業科目名
(フリガナ)
ガクコウクウキノウガクジッシュウ
英文授業科目名 Practice on Stmatognathic System and Function
担当教員名 田地 豪,笹原 妃佐子,峯 裕一
担当教員名
(フリガナ)
タヂ ツヨシ,ササハラ ヒサコ,ミネ ユウイチ
開講キャンパス 開設期 2年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 水5-10:歯第3実習室
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
実習中心,相互実習,課題レポート,統計処理講義・演習 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 口腔工学専攻2年生
授業のキーワード 顎運動,半調節性咬合器,顎機能検査,統計処理,スプリント,マウスガード,スポーツ歯科,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
実習を通して,口腔工学における顎機能学の概要(顎機能検査,半調節性咬合器の使用法,スプリント作製法,マウスガード作製法)を理解する。
統計学の基礎を学び,統計処理の実際を体験する。 
到達度評価
の評価項目
口腔工学プログラム
(能力・技能)
・チーム歯科医療として,歯科技工士専門分野(歯科技工)を実践するために必要な能力・技能および態度 
授業の目標・概要等 顎機能検査並びに半調節性咬合器を使用して顎運動・顎機能を理解する。併せて,スポーツ外傷予防や顎関節症の診断と治療に使用されるマウスガードを作製する。
統計学の基礎を学び,統計処理の実際を体験する。 
授業計画 第1回 ガイダンス
   「研究用模型作製」(田地,峯)
第2回 「咬合器使用実習」①(田地,峯)
   「統計処理入門」①(笹原)
第3回 「咬合器使用実習」②(田地,峯)
   「統計処理入門」②(笹原)
第4回 「マウスガード作製」①(田地,峯)
   「統計処理入門」③(笹原)
第5回 「マウスガード作製」②(田地,峯)
   「顎機能検査」(田地,峯)
第6回 「マウスガード作製」③(田地,峯)
   「統計処理入門」④(笹原)
第7回 「統計処理入門」⑤(笹原)
第8回 まとめ

課題レポート提出。作品提出。 
教科書・参考書等 配付する実習帳
最新歯科技工士教本「顎口腔機能学」(医歯薬出版) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,映像,デモ模型 
予習・復習への
アドバイス
毎回,復習を行うこと。また,レポートは必ず期日までに提出すること。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 出席状況・受講(実習)態度 (10%),製作物(60%),レポート(30%)により総合的に成績を判定する。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 歯科医師や歯科技工士である教員が、顎機能検査並びに顎運動・顎機能について指導する。また、統計学の基礎や統計処理についても指導する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ