広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1606140 科目区分 専門教育科目
授業科目名 災害医療・歯科法医学
授業科目名
(フリガナ)
サイガイイリョウ・シカホウイガク
英文授業科目名 Disaster Dentistry and Forensic Odontology
担当教員名 小松澤 均,長尾 正崇,岡 広子,吉田 光由
担当教員名
(フリガナ)
コマツザワ ヒトシ,ナガオ マサタカ,オカ ヒロコ,ヨシダ ミツヨシ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 月5-6:歯大講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義、討論、学生発表 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 歯学部歯学科4年生、口腔健康科学科3年生
授業のキーワード 法医学、歯科法医学(法歯学)、災害歯科医学 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
歯学プログラム(知識・理解)
医の原則に関する知識
基礎及び臨床歯科医学に関する知識 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 歯科医療者として必要な歯科法医学(法歯学)および災害医療の基礎的知識を身につける。
目標
①災害医療の体制と留意点について説明できる。
②災害時の歯科医療の必要性を説明できる。
③死の概念と生物学的な死を説明できる。
④歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士に課せられた社会的責任と法的責任を説明できる。
⑤虐待の徴候と対応を説明できる。
⑥歯科による個人識別を説明できる。
⑦歯科医師による身元確認や関連する死因究明等の制度を説明できる 
授業計画 第1回:歯科法医学概論・災害歯科医学概論
災害の種類と歴史
第2回:災害歯科医学
第3回:災害歯科医学
第4回:歯科法医学
人の死と関連法、死体現象
第5回:歯科法医学
損傷、異常環境、窒息
第6回:歯科法医学
虐待および口腔顎顔面に現れる症状、病態
第7回:歯科法医学
個人識別
第8回:災害歯科医学
災害時の医療体制と歯科の関わり、災害時の歯科治療・歯科保健

―毎授業「前」「後」の確認レポート
Bb9上の確認問題に回答し、Bb9上に提出する。
―「歯科法医学」「災害歯科医学」に関連するレポート課題


第3ターム開始前に具体的な日程・評価基準を示す 。 
教科書・参考書等 法歯科医学 基礎知識から臨床・災害時の対応まで/永末書店
NEWエッセンシャル法医学第6版
災害歯科医学/医歯薬出版
Manual of Forensic Odontology 5th Edition/ASFO 
授業で使用する
メディア・機器等
Powerpoint (PPT), Bb9 (https://bb9.vle.hiroshima-u.ac.jp/)
テキスト、音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
予習・復習は重要です。各授業で取り上げた事項について、これまでに他の科目で学んだ知識や社会的背景、文献等も合わせて理解に努めてください。 
履修上の注意
受講条件等
医療安全、医療の質と安全の確保、歯科医療関連職種の身分法、保健医療情報の取り扱い、歯科材料の種類・用途、放射線防御の基準と方法について、十分に理解した上で受講すること。
Bb9を操作して課題提出ができるようにしておくこと。
パワーポイントでの発表ファイルを自分で作成できるようにしておくこと。

・講義は毎回出席(出席は講義開始5分前からとり,講義開始以後は遅刻とする)
・成績評価の対象となるには、2/3の出席が必要である
・遅刻は2回で欠席(1回)とする
・システムエラーや緊急メンテナンス等、Bb9が予期せぬ事情で課題提出締切日に使用できなくなった場合は、提出期限をBb9復旧後2日間延長する 
成績評価の基準等 毎授業後の確認レポート、課題レポート、発表の合計で評価し、60点以上を合格とする。提出期日遅れの者は、遅れた課題について5点減点とする。
上記で60点に満たない場合、6割に達していない内容の範囲について別途試験を課し、各内容について60点以上を取らなければ不合格とする。この試験実施は、1回のみとする。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ