広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部口腔健康科学科口腔保健学専攻
講義コード J1605130 科目区分 専門教育科目
授業科目名 口腔保健管理学実習V
授業科目名
(フリガナ)
コウクウホケンカンリガクジッシュウ 5
英文授業科目名 Practice of oral Health Management 5
担当教員名 松本 厚枝
担当教員名
(フリガナ)
マツモト アツエ
開講キャンパス 開設期 3年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 火9-10:歯デンタルスキルスラボ3,歯デンタルスキルスラボ4
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 口腔健康科学科口腔保健学3年生
授業のキーワード エアスケーラー 超音波スケーラー相互実習 小窩裂溝填塞 実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
本実習は、患者実習前の相互実習として、患者、補助者、術者の経験を通じて、それぞれの立場での心構えや、術式と患者対応を学ぶ。安全な医療を提供できるよう、実技を充実させ、学習の成果が期待できる。 
到達度評価
の評価項目
 
授業の目標・概要等 一般目標GIO
口腔内で安全に予防処置を行うために、基本的な知識と態度と技能を習得する。
到達目標SBOs
1.エアスケーラーの使用方法を身につける。
2.超音波スケーラーの使用方法を身につける。
3.  PMTCの操作が適確にできる。
4.小窩裂溝填塞の操作が適確にできる。 
授業計画 第1回 エアスケーラー・超音波スケーラーの取り扱い(松本)
第2回 エアスケーラー・超音波スケーラーの抜去歯実験(松本)
第3回 エアスケーラーのマネキン実習(松本)
第4回 超音波スケーラーのマネキン実習(松本)
第5回 エアスケーラー・超音波スケーラーの相互実習と歯面研磨
                インプラント用超音波スケーラー(松本)
第6回 エアスケーラー・超音波スケーラーの相互実習と歯面研磨
                インプラント用超音波スケーラー(松本)
第7回 エアスケーラー・超音波スケーラーの相互実習と歯面研磨
        ルートプレイニング用超音波スケーラー(松本)
第8回 エアスケーラー・超音波スケーラーの相互実習と歯面研磨
        ルートプレイニング用超音波スケーラー(松本)
第9回 PMTC フッ化物歯面塗布 相互実習(松本)
第10回 PTC相互実習(松本)
第11回 PTC相互実習(松本)
第12回 小窩裂溝填塞の種類と実施上の注意 抜去歯実験(松本)
第13回 小窩裂溝填塞の種類と実施上の注意 抜去歯実験(松本)
第14回 小窩裂溝填塞 相互実習(松本)
第15回 小窩裂溝填塞 相互実習(松本)

実習終了後に筆記試験を行う 
教科書・参考書等 最新歯科衛生士教本「歯科予防処置論・歯科保健指導論」全国歯科衛生士教育協議会監修 医歯薬出版
 
授業で使用する
メディア・機器等
教科書,配付資料,映像(ビデオ/PC/その他画像資料)
ビデオ(本数3本)
ビデオ「シャープニング Hu-Friedy」12分
     「CET」13分
   「Perio Star」8分 
予習・復習への
アドバイス
第1回-第8回 エアスケーラーと超音波スケーラーの操作方法を確実に身につける。
第9回-第11回 PMTCとフッ化物歯面塗布の手順を身につける。
第12回-第15回 小窩裂溝填塞の手順を確実に身につける。  
履修上の注意
受講条件等
実習を休むと次の実習に影響するので、健康管理を行い欠席しないこと。 
成績評価の基準等 実技テスト40%(程度)と筆記試験30%(程度)と実習態度30%(程度)により行う。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
歯科衛生士業務に携わった経験を持つ教員が歯科予防処置の実習を指導する。 
メッセージ 技能をしっかり身につけるためにも、実習時間外に練習しましょう。
練習に必要な器具は担当教員に相談にくること。 
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ