広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1509270 科目区分 専門教育科目
授業科目名 分子口腔医学・顎顔面外科学演習・実習
授業科目名
(フリガナ)
ブンシコウクウイガク・ガクガンメンゲカガクエンシュウ・ジッシュウ
英文授業科目名 Seminar and Practice of Molecular Oral Medicine & Maxillofacial Surgery
担当教員名 虎谷 茂昭,濱田 充子,浜名 智昭,林堂 安貴,谷 亮治,吉岡 幸男,小泉 浩一,神田 拓,山崎 佐知子
担当教員名
(フリガナ)
トラタニ シゲアキ,ハマダ アツコ,ハマナ トモアキ,ハヤシドウ ヤスタカ,タニ リョウジ,ヨシオカ ユキオ,コイズミ コウイチ,カンダ タク,ヤマサキ サチコ
開講キャンパス 開設期 5年次生   前期   2ターム
曜日・時限・講義室 (2T) 木5-8
授業の方法 実習 授業の方法
【詳細情報】
演習中心、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 歯学科5年
授業のキーワード PBL(Problem based learning)による演習、実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(能力・技能)
・口腔・顎顔面領域の疾患の予防・診察・検査・診断・治療を行うために必要な基本的技能
・歯科医師として生涯にわたり学習する態度 
授業の目標・概要等 臨床症例の課題について少人数グループごとに問題点を討議した後、各自、臨床論文などを自学自習し、調べた内容についてグループ内で発表することで、口腔領域に発生する疾患の病態・診断・治療・予後・予防・鑑別診断などについて深い理解を得ることを目標とする。 
授業計画 第1回 ガイダンス PBL演習の進め方
第2回 課題1-1提示 問題点抽出 討論 発表
第3回 課題1-2提示 問題点抽出 討論 発表
第4回 課題2-1提示 問題点抽出 討論 発表 
第5回 課題2-2提示 問題点抽出 討論 発表
第6回 課題3-1提示 問題点抽出 討論 発表
第7回 課題3-2提示 問題点抽出 討論 発表 
第8回 課題3-3提示 問題点抽出 討論 発表
第9回 課題3-4提示 問題点抽出 討論 発表
第10回 課題4-1提示 問題点抽出 討論 発表
第11回 課題4-2提示 問題点抽出 討論 発表
第12回 課題5-1提示 問題点抽出 討論 発表
第13回 課題5-2提示 問題点抽出 討論 発表
第14回 課題5-3提示 問題点抽出 討論 発表
第15回 課題5-4提示 問題点抽出 討論 発表

レポート 
教科書・参考書等 その都度指示する 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
臨床症例の課題に関して、口腔外科のさまざまな教科書や学会雑誌などを用いて自学自習する 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 毎回の授業態度・発表内容(独創性、正確性、明確さなど)・レポートで評価し、総合的に判断する 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他 歯科医である教員が、口腔領域に発生する疾患の病態・診断・治療・予後・予防・鑑別診断などについて、PBLにより指導する。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ