広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1507030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 小児歯科学
授業科目名
(フリガナ)
ショウニシカガク
英文授業科目名 Pediatric Dentistry
担当教員名 香西 克之,光畑 智恵子
担当教員名
(フリガナ)
コウザイ カツユキ,ミツハタ チエコ
開講キャンパス 開設期 4年次生   前期   1ターム
曜日・時限・講義室 (1T) 火1-4:歯第2講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心,日本語英語共用、Bb9を活用したオンライン授業 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 2 : 初級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 4年次生
授業のキーワード 小児歯科学 小児歯科臨床 小児口腔保健,実務経験 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(知識・理解)
・歯科及び隣接医学領域の疾患の予防・診察・検査・診断・治療に関する知識 
授業の目標・概要等 小児歯科学では,成長発達の過程にある小児を対象とし,胎児期から成人に至るまでの口腔領域の疾病を理解し,その予防や治療に関する基本的知識を修得するとともに,健全な口腔健康発育の維持管理について講義する。学習の目標は,前期の総論的項目に引き続き,小児歯科学の意義・目的に即した各論を学び,小児の成長発達に伴う基本的知識と技術を修得することにある。学習方法は専門知識を臨床に応用できるよう柔軟な思考力を養えるよう工夫したものとする。 
授業計画 2020年度 小児歯科学 Ⅱ 歯学科4年【1ターム】
① 2020/4/14 火 1・2 11章 齲 蝕(歯内療法 Ⅰ) 香西          
② 2020/4/14 火 3・4 11章 齲 蝕(歯内療法 II) 香西         
③ 2020/4/21 火 1・2 13章 歯の外傷   太刀掛          
④ 2020/4/21 火 3・4 特別講義:心疾患を有する小児の歯科治療ー感染性心内膜炎の予防を中心に    Special Lecture: Dental treatment for children with heart disease with focus on infective endocarditis prevention 仲野和彦    (大阪大)    Prof. Kazuhiko NAKANO(Osaka Univ.)
⑤ 2020/4/28 火 1・2 14章 口腔軟組織疾患および顎疾患     香西         
⑥ 2020/4/28 火 3・4 15章 外科処置           香西
⑦ 2020/5/7 木 1・2 16章 咬合誘導 I           新里
⑧ 2020/5/7 木 3・4 16章 咬合誘導 II          香西       
⑨ 2020/5/12 火 1・2 17章 小児の口腔保健     岩本   
⑩ 2020/5/12 火 3・4 18章 障害児の歯科治療     香西        
⑪ 2020/5/19 火 1・2 12章 歯周疾患          光畑     
⑫ 2020/5/19 火 3・4 19章 歯科治療上注意すべき小児の全身疾患 I      光畑           
⑬ 2020/5/26 火 1・2 19章 歯科治療上注意すべき小児の全身疾患 Ⅱ            光畑         
⑯ 2020/6/2 火 3・4 期 末 試 験     (予 定) 香西         

試験の受験資格は3分の2以上の講義出席とする
期末試験は筆記とする

日程,内容の変更があれば随時連絡します。 
教科書・参考書等 教科書:小児歯科学第5版(医歯薬出版)
参考書:小児歯科学 ベーシックテキスト&クリニカルテキスト 全2冊セット(永末書店) 
授業で使用する
メディア・機器等
PCを用いた講義
テキスト,配付資料 
予習・復習への
アドバイス
日常より小児領域に関心を持ってください。
成長発達を念頭に小児の口腔疾患の診断,処置を考えられるようになってください。 
履修上の注意
受講条件等
広範囲に及ぶため,予習復習を行って毎回の講義の理解をその都度完結してください。実習が先行することがあるかもしれませんが,講義と実習を相補しながら理解を深めてください。 
成績評価の基準等 筆記試験により知識と理解度を評価する。3分の2以上の出席をもって受験資格の条件とします。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ 小児の発育過程を常に意識するためには,総論が基盤となります。理解を深めるためには教科書をしっかり読むことです。 
その他 小児歯科学の研究と同時に,大学病院小児歯科で小児歯科医療に携わっている小児歯科専門医が,胎児期から成人に至るまでの口腔領域の疾病の予防や治療に関する基本的知識および健全な口腔健康発育の維持管理について講義を行う。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ