広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 歯学部歯学科
講義コード J1506030 科目区分 専門教育科目
授業科目名 補綴学
授業科目名
(フリガナ)
ホテツガク
英文授業科目名 Prosthetic Dentistry
担当教員名 津賀 一弘,石田 秀幸,森 隆浩,沖 佳史,保田 啓介,岡田 信輔,吉田 光由,土井 一矢,阿部 泰彦,森田 晃司,大上 博史,岡崎 洋平,牧原 勇介
担当教員名
(フリガナ)
ツガ カズヒロ,イシダ ヒデユキ,モリ タカヒロ,オキ ヨシフミ,ヤスダ ケイスケ,オカダ シンスケ,ヨシダ ミツヨシ,ドイ カズヤ,アベ ヤスヒコ,モリタ コウジ,オオウエ ヒロシ,オカザキ ヨウヘイ,マキハラ ユウスケ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 水1-4:歯第1講義室
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心 
単位 2 週時間   使用言語 B : 日本語・英語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 02 : 歯学
対象学生 3年次生 前期(5セメスター)
授業のキーワード クラウン、ブリッジ 
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
歯学プログラム
(知識・理解)
・基礎及び臨床歯科医学に関する知識 
授業の目標・概要等 授業は基本的には"歯科補綴学教育基準"に基づいて行うことによって国家試験の範囲を網羅することはもちろんであるが、既存の授業科目では含まれていない最近の知見の中から臨床で定着しつつあるものについては積極的に紹介していく。さらに本講座出版図書の紹介を通じて広大補綴の一つのカラーについても紹介する。(これらは歯科総合科目も参照してほしい) 
授業計画 第9回
インフォームドコンセント,前処置(土井)
第10回
支台歯形成1(牧原)
第11回
支台歯形成2(大上)
第12回
色調の選択(岡﨑)
第13回
支台築造、印象採得(保田)
第14回
顎間関係の記録(岡田)
第15回
CAD / CAMの基礎(安部倉)
第16回
口腔内情報の記録,作業模型(岡田)

第17回
口腔内試適と装着(森)
第18回
術後管理/装着後に発生する問題とその対応(沖)
第19回
CAD / CAMの臨床応用(森田)
第20回
特別講義「口腔インプラントの現状と未来」(石田)
第21回
要介護高齢者の補綴歯科治療(吉田)
第22回 接着ブリッジ1(岡﨑)
第23回 接着ブリッジ2(岡田)
第24回  試験

小テスト,試験 
教科書・参考書等 「冠橋義歯補綴学テキスト」曾田雅啓他編著(永末出版)
「クラウンブリッジ補綴学」石橋寛二他編著(医歯薬出版)
「Contemporary Fixed Prosthodontics, 4th ed.」Stephen F. Rosenstiel他著(Mosby)
「Functional Occlusion From TMJ to Smile Design」Peter E. Dawson著(Mosby) 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト、配付資料、パワーポイント 
予習・復習への
アドバイス
予習はクラウン・ブリッジ補綴学:[医歯薬出版] を参考に、復習は各講義で配布されるプリントやノートで自主的に行っておくこと。 
履修上の注意
受講条件等
予習、復習が必要。 
成績評価の基準等 筆記試験、小テスト、授業への取組姿勢を考慮する 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
第20回の講義担当者は,専門的な補綴学的治療経験を活かし,口腔インプラント治療を行う上での基本となる考え方や,口腔インプラント治療の現状と将来展望について講義を行う. 
メッセージ 正当な理由のない遅刻、欠席、途中退席を禁ずる。 
その他 補綴歯科治療に精通する教員が,クラウン・ブリッジに関する基本的知識を講義する.
学期末に授業評価アンケートを実施します。回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力し,改善につなげていきます。
なお,受講者が著しく少ない場合などに,アンケートを実施しないときがあります。 
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ