広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医学部保健学科作業療法学専攻
講義コード I5186001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 卒業研究
授業科目名
(フリガナ)
ソツギョウケンキュウ
英文授業科目名 Preliminary Research Practice
担当教員名 宮口 英樹,伊達 翔太,金子 史子,石附 智奈美,花岡 秀明,岡村 仁
担当教員名
(フリガナ)
ミヤグチ ヒデキ,ダテ ショウタ,カネコ フミコ,イシヅキ チナミ,ハナオカ ヒデアキ,オカムラ ヒトシ
開講キャンパス 開設期 4年次生   後期   3ターム
曜日・時限・講義室 (3T) 集中
授業の方法 演習 授業の方法
【詳細情報】
講義、演習、ディスカッション、学生の発表 
単位 4.0 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 4 : 上級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生  
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
作業療法学プログラム
(総合的な力)
・保健医療における倫理的判断に基づいた行動
・医療・保健・福祉・教育への探求心と作業療法に取り組む実行力
・総合的かつ科学的な問題解決能力 
授業の目標・概要等 作業療法の研究に必要な知識、技術、態度を初歩的な研究実践を通して習得する。 
授業計画 1.研究テーマの精密化
2.研究計画の立案
3.研究の実践
4.論文作成
5.口頭発表 
教科書・参考書等 3年次の作業療法研究法で指定した教科書を用いる。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
指導教官の指導を受けながら、卒業研究を主体的に進める。学生は、教官との十分な意思疎通を持つようにすると、成果を得やすくなす。 
履修上の注意
受講条件等
 
成績評価の基準等 研究過程、論文、口頭発表の成果を総合する方法で行う。また、各指導教官の評価を尊重して運用される。 
実務経験  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ