広島大学シラバス

シラバスTOPへ
English
年度 2020年度 開講部局 医学部保健学科作業療法学専攻
講義コード I5134001 科目区分 専門教育科目
授業科目名 救急法及び感染予防
授業科目名
(フリガナ)
キュウキュウホウオヨビカンセンヨボウ
英文授業科目名 Emergency Medicine and Infection Control
担当教員名 田邊 和照
担当教員名
(フリガナ)
タナベ カズアキ
開講キャンパス 開設期 3年次生   後期   セメスター(後期)
曜日・時限・講義室 (後) 月5-6:保205
授業の方法 講義 授業の方法
【詳細情報】
講義中心、板書多用、ディスカッション、学生の発表 
単位 1 週時間   使用言語 J : 日本語
学習の段階 3 : 中級レベル
学問分野(分野) 27 : 健康科学
学問分野(分科) 04 : 保健学
対象学生 作業療法学専攻学生
授業のキーワード  
教職専門科目   教科専門科目  
プログラムの中での
この授業科目の位置づけ
 
到達度評価
の評価項目
作業療法学プログラム
(知識・理解)
・保健・医療システムに関する知識・理解 
授業の目標・概要等 救急医療および感染症についての知識を深め、救急処置および感染予防の基礎を学ぶ
講義予定は変更の可能性あり 
授業計画 (1)オリエンテーション
(2) 創傷と創傷治癒
(3)熱傷
(4)周術期ケア
(5)輸血と輸液,栄養療法
(6)感染症総論
(7)細菌感染症1
(8)細菌感染症2
(9)ウイルス感染症1
(10)ウイルス感染症2
(11)真菌感染症その他
(12)感染対策について
(13)前半テスト
(14)後半テスト
(15)予備日

試験実施(テストを救急法と感染予防で別々の計2回)の予定
なお履修生が少ない場合は課題レポートで評価

各講義内容は原則一回完結であるが、テーマによっては複数回にまたがる。(順不同) 
教科書・参考書等 講義形式(講義中心;プリントあり)
参考書等: NEW 外科学.南江堂
     雑誌 救急医学.へるす出版
     シンプル微生物学.南江堂    など。 
授業で使用する
メディア・機器等
テキスト,配付資料,音声教材,映像(ビデオ/PC/その他画像資料) 
予習・復習への
アドバイス
復習中心に! 
履修上の注意
受講条件等
特になし 
成績評価の基準等 テスト90点,授業態度10点で100点満点として評価する。 
実務経験 有り  
実務経験の概要と
それに基づく授業内容
救急・感染対策における臨床経験にもとづく 
メッセージ  
その他   
すべての授業科目において,授業改善アンケートを実施していますので,回答に協力してください。
回答に対しては教員からコメントを入力しており,今後の改善につなげていきます。 
シラバスTOPへ